HOME > ブログ > 3ページ目

ブログ 3ページ目

山梨県甲府市より来院されました「マラソンによる腰痛」のトリガーポイント鍼灸による改善症例

 

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです♪

今日は症例報告になります。

山梨県甲府市より来院されました


「マラソンによる腰痛」のトリガーポイント鍼灸による改善症例になります。

 

 




30代 男性  会社員

 






症状歴:

「1年前よりマラソンを始め、休日の日には10~15キロほど走るようにしている。
寒くなってきて走る回数は少なくなっているが、ここ最近は走った翌日に痛みが出る。特に右腰がつらい。
 





施術1回目


問診:

施術者:

「○○さん、座った状態で腰を動かすのと、立った状態で腰を動かすのだと、どちらが動きやすいですか?」
「朝起きる際は、仰向けで寝ていますか?それとも横向きですか?」
 

 

患者:

「座った姿勢で腰を動かすほうが楽です。」
「寝る際は、仰向けですが起きるときはいつも横向きです。」



カラダのバランスや動きを評価し、



腰痛の原因は「腰方形筋」のトリガーポイントと判断しました。




また、ストレッチ不足で股関節の動きが悪く、その影響もあり。









腰方形筋(ようほうけいきん)


こちらのエリアにトリガーポイント鍼灸を行いました。





 

施術後・・・
 






施術後:



施術者:



「もう一度、腰の動きを確認してくだい。」



 



患者:



「刺された余韻が残ってます!(笑)」
「でも、つらい箇所に刺激された感じがしました。」

腰方形筋は深い層の筋・筋膜ですので3回ほど同じ部位を調整します。



とのことで1週間後に2回目の施術。





ほぼ、筋膜のゆがみが正常になっていましたので、2回で大丈夫そうです(^^♪


今日もバシッとトリガーポイント鍼灸を行いました。



再来週からマラソンしていただいて、不具合が出るようでしたら、連絡ください。


とのことで卒業です♪






■まとめ■


腰方形筋のトリガーポイントが慢性化すると、耐えられないほどの激痛

へと悪化していきます。


早めの処置が功を奏した症例でした。






 





 





 


 


今週の傾向と対策

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。



「今週の傾向と対策」






寒さの影響かインフルエンザが流行しています。


あかぬま鍼灸治療院に来院される患者様の特徴として、「十二指腸」に反応サインが


みられます。


頭頂部(頭のてっぺん)の頭痛や胸の膨満感、背中がこわばる、足がつる、


太ももが緊張する、などの症状を訴えます。



特に気をつけていただきたい症状は「ぎっくり腰」です。


今年のギックリ腰は、例年に比べて回復スピードが悪いです((+_+))




「対策」


寒冷は自律神経系に強く影響を与えます。



◎水分をこまめに摂る


◎睡眠をしっかりとる


◎背中やハムストリングス筋をストレッチする






くれぐれもご自愛ください。

手のしびれやむくみは筋膜にある!!part4手のしびれやむくみに悩む方必見!!

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。


今日のテーマこちらです。


手のしびれやむくみは筋膜にある!!part4



40代女性が首や肩こりが辛く、肩をおさえている画像になります



前回のpart3の続きとなります。




■おさらい・・・


①手のしびれやむくみ、冷感などに悩む人は、なで肩の女性が多い。

②胸郭出口症候群で引き起こすケースが大半を占めている。

③「腕神経叢わんしんけいそう」が圧迫される箇所は3つある。

➃首(頸椎)から起きるヘルニアの圧迫よりも胸郭出口症候群を評価する必要がある。



と言うような説明をさせていただきました。




本日は「腕神経叢わんしんけいそう」が圧迫される箇所は3つある。



3つ目の肋鎖間隙を説明します。



まずは、腕神経叢(わんしんけいそう)の部位を確認してみましょう。










■腕神経叢とは・・・



頸椎5番から胸椎1番までの神経の根が集まり(吻合)、腕の運動や知覚に指令を出すために手部に向かう



集合した叢を「腕神経叢」と呼びます。






腕神経叢が首から手部にかけて走行する道は長く、いくつかの障害があります。



最初の障害が斜角隙(しゃかくきんげき)です。



この障害に関与する筋・筋膜は、前壁が前斜角筋、後壁が中斜角筋と呼ばれる筋肉です。



次に障害が出る部位が「肋鎖間隙」です。




肋鎖間隙の走行より上肢にかけて向かう最後の箇所を「小胸筋下間隙しょうきょうきんかかんげき」と呼びます。







■小胸筋下間隙とは・・・






小胸筋(しょうきょうきん)とは、大胸筋の深層部に筋肉になります。





         小胸筋(しょうきょうきん)



            大胸筋(だいきょうきん)


小胸筋下間隙とは、肩甲骨(烏口突起)から起始する小胸筋が上面を構成する隙間(トンネル)です。










■どうして小胸筋下間隙が神経の走行を障害するのか・・・



原因①


腕を挙上させる仕事や作業。


荷物の棚卸や洗車、つり革を握るなど、腕を挙上させる動作が多い人が


なりやすい傾向です。





原因②


不良姿勢





前かがみ姿勢などは大胸筋などが緊張しやすくなります。




肋骨は胸椎と呼ばれる背骨に付随します。



胸椎が硬くなると自然と肋骨(肋間筋)にも影響を与えます。





■まとめ


いかがだったでしょうか・・・


手のしびれや痛み、冷感に悩む人に多い「小胸筋下間隙」について説明させていただきました。



神経の走行や血管を圧迫させる原因は、筋・筋膜に起因するケースが大半を占めます。


わたしも思い当たるかも・・・


と思う方は是非ともご相談ください。



手のしびれやむくみは筋膜にある!!part3手のしびれやむくみに悩む方必見!!

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。


今日のテーマこちらです。


手のしびれやむくみは筋膜にある!!part3



40代女性が首や肩こりが辛く、肩をおさえている画像になります



前回のブログでの続きとなります。




■おさらい・・・



①手のしびれやむくみ、冷感などに悩む人は、なで肩の女性が多い。


②胸郭出口症候群で引き起こすケースが大半を占めている。


③「腕神経叢わんしんけいそう」が圧迫される箇所は3つある


➃首(頸椎)から起きるヘルニアの圧迫よりも胸郭出口症候群を評価する必要がある。




と言うような説明をさせていただきました。





本日は「腕神経叢わんしんけいそう」が圧迫される箇所は3つある。





1つ目の肋鎖間隙(ろくさかんげき)を説明します。



まずは、腕神経叢(わんしんけいそう)の部位を確認してみましょう。











■腕神経叢とは・・・




頸椎5番から胸椎1番までの神経の根が集まり(吻合)、腕の運動や知覚に指令を出すために手部に向かう



集合した叢を「腕神経叢」と呼びます。



腕神経叢が首から手部にかけて走行する道は長く、いくつかの障害があります。



最初の障害が斜角隙(しゃかくきんげき)です。




この障害に関与する筋・筋膜は、前壁が前斜角筋、後壁が中斜角筋と呼ばれる筋肉です。



次に神経が圧迫される可能性のある箇所が肋鎖間隙と呼ばれる部分です。






図を見てもわかるように鎖骨と第1肋骨の間のトンネルを肋鎖間隙と呼びます。


鎖骨と肋骨の間に、神経・動脈・静脈が併せた走行があり、圧迫されると、



しびれやむくみ、痛みを引き起こします。



■どうして肋鎖間隙が神経の走行を障害するのか・


原因はデスクワーク時の不良姿勢です。






長時間の不良姿勢でのデスクワーク作業は、首周辺の筋・筋膜を緊張させます。



特に、写真の真ん中のような首が前方になることで、胸の前側が圧迫され、背骨や肋骨の動きが悪くなります。


また、斜角筋隙と同様になで肩の女性に多く見られます。




■予防するにはどうすれば・・・



①不良姿勢に気をつける


②胸が開くようにストレッチポールなどを使用する


③PC作業では、肘を締めて身体に近づような姿勢で行う



などに注意することで、予防できます。



■まとめ


いかがだったでしょうか・・・


手のしびれや痛み、むくみに悩む人に多い2つ目の障害「肋鎖間隙」について説明させていただきました。



次号は、腕神経叢が圧迫される3番目の箇所をコラムします。


手のしびれやむくみは筋膜にある!!part2手のしびれやむくみに悩む方必見!!

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。


今日のテーマこちらです。


手のしびれやむくみは筋膜にある!!part2
40代女性が首や肩こりが辛く、肩をおさえている画像になります



前回のブログでの続きとなります。




■おさらい・・・


①手のしびれやむくみ、冷感などに悩む人は、なで肩の女性が多い。

②胸郭出口症候群で引き起こすケースが大半を占めている。

③「腕神経叢わんしんけいそう」が圧迫される箇所は3つある。

➃首(頸椎)から起きるヘルニアの圧迫よりも胸郭出口症候群を評価する必要がある。



と言うような説明をさせていただきました。




本日は「腕神経叢わんしんけいそう」が圧迫される箇所は3つある。



1つ目の斜角隙を説明します。



まずは、腕神経叢(わんしんけいそう)の部位を確認してみましょう。










■腕神経叢とは・・・



頸椎5番から胸椎1番までの神経の根が集まり(吻合)、腕の運動や知覚に指令を出すために手部に向かう



集合した叢を「腕神経叢」と呼びます。



腕神経叢が首から手部にかけて走行する道は長く、いくつかの障害があります。



最初の障害が斜角隙(しゃかくきんげき)です。



この障害に関与する筋・筋膜は、前壁が前斜角筋、後壁が中斜角筋と呼ばれる筋肉です。



■どうして斜角筋が神経の走行を障害するのか・・・


原因はデスクワーク時の不良姿勢です。






長時間の不良姿勢でのデスクワーク作業は、首周辺の筋・筋膜を緊張させます。



特に、写真の真ん中のような首が前方になることで、斜角筋は緊張します。





また、重い荷物を運ぶ仕事や手を使う仕事の方々も斜角筋が緊張しやすい


傾向があります。



腕神経叢が斜角筋の緊張で圧迫を受ける障害を斜角筋症候群とも呼ばれます




①不良姿勢に気をつける


②首周辺のストレッチをこまめにおこなう


③PC作業では、肘を締めて身体に近づような姿勢で行う



などに注意することで、斜角筋の緊張は予防できます。



■まとめ


いかがだったでしょうか・・・


手のしびれや痛み、冷感に悩む人に多い「斜角筋」について説明させていただきました。



次号は、腕神経叢が圧迫される2番目の箇所をコラムします。


手のしびれやむくみは筋膜にある!!手のしびれやむくみに悩む方必見!!

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。

今日のテーマこちらです。

手のしびれやむくみは筋膜にある!!
40代女性が首や肩こりが辛く、肩をおさえている画像になります



寒さのせいで、筋肉のこわばりが出やすい時期です。


特に患者様で手のしびれや痛み、むくみを訴えて来院される方が非常に多くなります。



皆さん、朝起きたときに手がしびれていたり、鈍痛・冷感を感じた経験がある方も


いらっしゃるのではないでしょうか?



こうした症状は、なで肩の女性に多いと言われています。




狭義の名称で胸郭出口症候群(TOS)といいます。



肩や指先にかけての鈍痛やしびれ、冷感は、「腕神経叢わんしんけいそう」と呼ばれる集合した



神経の束の部位が朝の何らかの不良姿勢で圧迫されたことで起きるもの
です。




また、電車のつり革を握っていると肩や腕全体がだるくなることも腕神経叢が関わっています。




この胸郭出口症候群での腕神経叢が何らかの原因で圧迫される箇所が3つあります。



それは、斜角筋三角部、肋鎖間隙部、小胸筋間隙部です。




少し難しいので後日改めて3つのポイントを記載します。




■どうして手のしびれや痛み、冷感で悩み人が多いのか・・・



やはり、不良姿勢が挙げられます。



デスクワーク中心のお仕事などPC作業が多い現代人は、首周辺の筋・筋膜が硬くなり、特になりやすい傾向です。




■手のしびれは頸椎からの症状ではないのか・・・



ほとんどの人が整形外科にてレントゲン検査より、手のしびれの原因は頸椎からの影響です。



☑老化によるものだから・・・


☑うまく付き合って行きましょう・・・





などと言われたことがあるのではないでしょうか・・・



しかし、この胸郭出口症候群によるしびれの原因の方が非常に多く遭遇します。


もちろん、専門的な画像診断は必要になりますが、あきらめることはありません!



■まとめ


いかがだったでしょうか・・・

手のしびれや痛み、冷感は胸郭出口症候群から由来するケースが非常に多いです。

特に首周辺の筋・筋膜の硬さより腕神経叢を圧迫する原因が、現代人のデスクワーク作業には

つきものです((+_+))

次号は、腕神経叢が圧迫される3つの箇所をコラムします。


今週の傾向と対策

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。



「今週の傾向と対策」






寒さが激しく、インフルエンザが流行しています。

喉の痛みや上気道炎の症状が出やすい時期です。

また、胃に反応があり、お尻や大胸筋に緊張があります。

中殿筋の緊張が強くなることで、ぎっくり腰などにも注意しましょう。




「対策」


気温差は自律神経系に強く影響を与えます。

◎水分をこまめに摂る。

◎首周辺を外気温から守る➡首をしっかりと暖めましょう。


◎長湯はしない➡代謝が上がりすぎると、腎臓が疲労を起こします。





くれぐれもご自愛ください。


山梨県甲府市より来院されました「左肩甲骨の内側の痛み」の筋膜整体改善症例

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。

今日は当院に来院されました「左肩甲骨の内側の痛み」の症例を報告します。









50代 女性 自営業


山梨県甲府市より来院されました患者様です。



症状歴:年末から肩甲骨に痛みがあり、息子にマッサージ棒でほぐしてもらっていた。

    よく、同じような症状が肩甲骨に出ることがあり、普段はローラーでゴリゴリしていれば

    落ち着いていたが、今回はいつもと違う。

    今朝も車でお客様のところに伺う予定でしたが、運転することもできない。

    


問診:  施術者:「特に年末で何か違ったことをしたり、大掃除で重いものを運んだりしたとかありませんか?」

        
     患者:「特に思い当たるきっかけはないです。ただ、最近運動不足でカラダを動かしていません!」

     患者:「そう言えば、通販で購入した着衣するとダイエットできる

         商品を着て寝ていたら、夜中に苦しくなって脱ぎました。」

     
    問診をしていく中で、どうも背骨の動きが悪くなっている印象でした。







施術1回目:鍼灸は苦手ということで、筋膜整体を行いました。


バランス検査後、左肩甲骨の痛みは右手首と判断しました。







右手首の調整と背骨の動きが低下していましたので、胸椎9番の筋膜リリースを行いました。



施術後・・・

「すごく、軽くなった♪」

「さっきまで肩を動かすと、肩甲骨がつまる感じの痛みがあったがそれが出ない♪」



施術者:「一応、これで経過をみていただき、症状が落ち着かないようでしたら


      連絡ください。」


■まとめ■


翌日、電話いただき「ずいぶん、楽になりました。ありがとうございます。」

との電話報告がありました。

              



まさか・・・


手首とは・・・


と驚いた印象でしたが、筋膜は全身を包むボディスーツのようなものです。



「肩甲骨の痛み」だから原因は、肩甲骨にあると思ってしまいますが、


カラダの全体的に評価することも重要です。


















偽ー坐骨神経痛と呼ばれる「小殿筋トリガーポイント」

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。



今日のテーマはこちらです。


偽ー坐骨神経痛と呼ばれる「小殿筋トリガーポイント」についてコラムします。




整形外科や病院で「坐骨神経痛」と診断され、なかなかリハビリテーションや



痛み止め、湿布薬で改善されないケースの症状では、筋・筋膜性疼痛の疑いがあります。




「筋・筋膜性疼痛」とは、痛みを誘発させる原因は筋肉や筋膜と呼ばれる組織に存在する

ということです。



筋・筋膜の組織が、繰り返しの運動や長時間の同一姿勢などで負荷がかかることで



筋膜が過敏化してしまう箇所を「トリガーポイント」と言い、



坐骨神経痛などの症状は、


よくトリガーポイントと間違えられてしまうことがしばしばあります。


特に坐骨神経痛と同じ症状として挙げられる筋・筋膜が


「小殿筋しょうでんきん」です。






小殿筋のトリガーポイントに関連した疼痛は耐えられないほど持続し、


杖がないと歩行ができないくらいの非常に激しい痛みです。





小殿筋は骨盤に付着する箇所で前方と後方に分けられます。





前方部と後方部の筋膜どちらかが悪くなると、特徴的な症状を誘発させます。



まず、前方部が悪くなると・・・


①お尻にかけての痛み
②お尻から太もも外側の痛み
③ふくらはぎから外くるぶしにかけての痛み




などの症状が出やすい傾向があります。


後方部が悪くなると・・・



①お尻にかけての痛みやしびれ感
②お尻から太もも裏(ハムストリングス)の痛みやしびれ
③ふくらはぎから膝裏(膝窩筋)の痛みやしびれ



などの症状が出やすい傾向があります。


小殿筋トリガーポイントは足首より下に痛みやしびれを出すことは、まれですが、

足の甲に痛みやしびれが起きることもあります。




■まとめ■


いかがでしょうか・・・


ご自分の症状と照らし合わせてみてください。


なかなか坐骨神経痛が改善されないケースでは、筋・筋膜性疼痛を疑って


みるのもいいかもしれません!







甲府市より来院されました「ぎっくり腰」のトリガーポイント鍼灸改善症例

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。

今日は当院に来院されましたぎっくり腰の症例を報告します。



30代 男性 会社員


甲府市より来院されました患者様です。



痛めた原因:スポーツジムでウエストトレーニング後、


腰にピキッと痛みが走り、動けないほどではなかったため、


自宅で湿布薬を貼って安静にしたが、翌朝は痛みのために起き上がれない。


妻がインターネットで検索し、当院に来院。





施術1回目:多裂筋トリガーポイントに鍼灸を行いました。




腰を伸ばす際に、骨盤周辺にピキッと痛みが走るとのことですので抗重力筋と呼ばれる

多裂筋を指標にトリガーポイントを触察し、鍼灸を行いました。



施術後・・・


患:  「痛みはあるが、腰の曲げ伸ばしでピキッする感じはない。」


施術者:「炎症ですので初回で痛みがすぐに改善するわけではありませんが、
     腰の動きや足の運びは良好ですので今日はゆっくり休んでくだい。」

    「明日の朝、起床時は教えたセルフ運動を行ってから立ち上がってください」



施術2回目



問診

患:「翌朝は靴下を履く際に痛みは出たが、ピキッとくる感じはない。

   仕事でも支障は出ていない」


   前かがみ姿勢よりも腰を伸ばす可動性がまだ悪いことから

   


   中殿筋前部繊維筋膜リリースを行いました。





施術後・・・


患:「全然痛くない!腰の捻りもスムーズです。」



最後に胸椎4番の整体を行い、施術終了。


施術者:「少し様子みていただき、痛みがでるようでしたら

     連絡ください。」


とりあえず、2回目で卒業となりました。





■まとめ■


元々、規則的な生活習慣の患者様でしたので、スムーズに改善


できました。



寒くなってきましたので、トレーニング前後のストレッチ

は、しっかりとやる必要がありそうですね♪











<<前のページへ123456789

アーカイブ

このページのトップへ