HOME > 症状別お悩み相談 > 自律神経失調症

症状別お悩み相談

< 更年期障害  |  一覧へ戻る  |  肩こり >

自律神経失調症

【自律神経失調症】の間違った常識

薬や漢方を飲み続けていれば、改善できると思っている
 

サプリメントや食事療法で内臓不調が変化すると思っている

心の問題が解決の一番だと思っている

イライラしたりくよくよしたりするのは、性格の問題だと思っている


 

ご存知でしたか?

自律神経を脳から整える根本療法‼

薬に依存しない生活を・・・
もう一度チャレンジしませんか‼

自律神経失調症

自律神経とは、血圧や体温のように自分の意志とは関係なく、体内の状態一定に保とうとする2つの神経性調節系のことをいいます。

自律神経は、「交感神経」「副交感神経」という相反する働きをする神経が各器官に同居し、身体がバランスよく機能しているのです。

自律神経失調症という名称は、心筋梗塞や肝硬炎などといったような、単一の病気を表す病名ではありません。

生命維持に欠かせない自律神経が、何らかの原因でバランスを崩し、体の各機能がうまく働かないために起こるさまざま症状を総称して、呼ばれるようになりました。

したがって、現代医学では確固とした位置づけがないために、自律神経失調症の定義があいまいで、医師によっては、色々な診断をくだすことがあります。

日本心身医学会では、「検査をしてもその症状を特定する所見がなく、また器質的な病変がないのに、さまざまな体の不定愁訴を訴える状態」と定義しています。

自律神経失調症という呼び名は日本独自のもので、欧米にはありません。自律神経失調症のとらえ方は医師によってまちまちですし、治療方針も一定していないのが現状です。

また原因不明の症状に診断名を与える便利な存在として機能している側面もあります。し

かし、自律神経失調症と診断された患者様の中には、神経症やうつ病などが潜んでいるケースも多く、注意が必要です。

こんな症状に心当たりありませんか?

  • 慢性的な睡眠不足
  • 朝起きてもスッキリしない
  • ささいなことでイライラする
  • 仕事や育児に集中できない
  • 気分の波が激しい
  • 先のことばかり考えてしまう
  • 便秘と下痢を繰り返す

など...

【具体的な症状】
全身疲労感、不眠、頭重、ドライアイ、立ちくらみ、便秘、下痢、冷え、頻尿、生理不順、動悸、息切れ、食欲不振など多数あります。

自律神経失調症によくある自覚症状

  • ・・・眼の疲れ、眼痛
  • ・・・喉がつまる、咽頭部不快感
  • 筋・神経・・・頭痛、頭部痛、肩こり、胸、背部痛、四肢痛
  • 心臓・血管・・・動悸、胸部圧迫感、めまい、たちくらみ、しびれ、のぼせ、冷え
  • 気管支・肺・・・息苦しい
  • 胃・腸胆のう・・・吐き気、胃部不快感、胃痛、便秘、下痢、胆のう痛
  • 膀胱・・・尿が近い、排尿時不快感

⾃律神経が乱れるとどうなる?

⾃律神経は「交感神経」 「副交感神経」 の2つに分かれます。
脳がコントロールする意識とは無関係な生命維持欠かせない神経です。
自律神経の乱れがさまざまな病気になっていること、自律神経の働きが免疫力、自然治癒力に大きく影響していることは医学的にも証明されています。
この2つの神経がうまく協調しているときは健康であるとも言えます。
しかし、ストレス社会に生きる現代人は圧倒的に交感神経が過剰状態である人が多いです。

交感神経の働き

活発的に動くモードの際に働く神経の働きです。

  1. 血圧をあげる
  2. 血糖値を上げる
  3. 血管の収縮や心臓の収縮

交感神経が優位な状態

血管が収縮することで体温が低下します。
体温が1℃違うだけで基礎代謝が14%低下し、免疫力も下がります。
体内酵素の働きも低下し、慢性的な内臓の不調を引き起こします。
この状態が長く続くと、睡眠の質が悪くなり、カラダは回復しにくくなります。

副交感神経がしっかり働くと病気は治る

副交感神経は脳と身体を休ませる神経です。
副交感神経が高まることで、血管が拡張し、心臓がゆったり動き、血圧が下がります。
内臓にも血液が行き届き、筋肉も緩みます。
副交感神経が優位な状態で睡眠をとることが、身体を回復させるために唯一必要なのです。

内臓の不調も自律神経に影響

副交感神経は全ての内臓と関連するため、副交感神経の伝達が悪くなると、食欲不振、胃、腸のトラブル、動悸がするなど内臓系の症状が出やすくなります。

自律神経失調症になる身体の特徴

特徴①脳脊髄液の流れが低下

人間のからだの水分を体液と呼び、体液は血液、リンパ液、脳脊髄液を総称しています。
自律神経を円滑にするために特に重要な体液は、脳脊髄液と言われるものです。
脳脊髄液はCSFとも呼ばれ、頭蓋骨や背骨の中を満たしています。
脳や脊髄は硬膜・クモ膜・軟膜という髄膜によって包まれていますが、その膜の内側で脳や脊髄を一定のリズムで流れている体液です。
脳脊髄液は脳から仙骨までを一定のサイクルで循環して、脳・脊髄の中にある神経の新陳代謝を促します。
つまり、脳脊髄液は、脳や神経に栄養を送り、老廃物を排出する役割を担っています。

自律神経も、脊髄の中を走る中枢神経なので、この脳脊髄液によって新陳代謝が行われています。
そのため、脳脊髄液の循環、流れに支障がでると、自律神経は栄養不足になり、 老廃物がたまって、機能が低下してしまいます。
写真を見てもわかるように、代謝が低下すると脳内が浮腫(むくみ)を生じます。
自律神経の中枢である視床下部は圧迫ストレスを受け、さまざまな症状を出して、疲労サインを警告します。


自律神経が整っている状態
自律神経が乱れている状態

特徴②重心バランスの低下

人間は常に重力の中で生活をしています。
カラダの中心に重心軸がない生活を長くしていると、常に使われている筋肉や使えていない筋肉などの筋膜の歪みを起こします。
重心軸が中心から崩れる結果、カラダに負担をかけ、疲労しやすく、回復力も低下します。

特徴③頸椎と仙骨のゆがみ

頸椎は頭(脳)と身体をつなぐ大変重要な部分です。
頸椎が変形損傷すると、マヒ、呼吸困難、排尿障害など重篤な症状を引き起こします。
現代人はパソコンやスマホなどの電子機器を多用し、猫背姿勢(首の筋肉が硬くなる)から首にゆがみが生じやすく、バランスが崩れることで脳に血液を送る椎骨動脈などに圧迫ストレスを引き起こします。
仙骨は硬膜と呼ばれる組織で脳と密接な関係性がある骨です。
副交感神経をコントロールする重要な部分で、ゆがみが起きることで脳脊髄液の流れにも影響を与えます。

自律神経失調症の原因は精神ストレスではない

世間一般では【精神的ストレス】が病気の最大の原因と思われていますが、これは原因ではなく1つの要因に過ぎません‼
精神的ストレスを感じる分野を大脳と呼び、自律神経中枢は脳幹と言います。
2つは基本的に独立した分野なのです。
ですので、精神的ストレスから起こる自律神経の乱れは一部の要因となり、自律神経中枢を根本から整えるのに必要なことは、精神的ストレスの除去、心理カウンセリング以外に脳内の循環を高める施術です。
まず、自律神経失調症を整えるにはカラダを元気にする方法が最重要になります。



薬(抗不安薬、抗うつ薬)で精神を安定させても、自律神経にアプローチしているわけではありません。自律神経を整えるには、精神的アプローチだけでなく身体からのアプローチが重要です。

自律神経が整うと頭は小さくなります


自律神経の中枢に影響を与える最大の原因は、精神的ストレスではなく、
脳に必要十分な血液(酸素)が行き届かない状況から起こる脳脊髄液のうっ滞です。
当院では、副交感神経を高める鍼灸や深筋膜の調整を行い、脳脊髄液の循環が整うことで頭が小さくなります。
頭に十分な酸素がめぐる状態(頭が小さい)をつくり、しっかりと睡眠をとることで自己治癒力が発動します。


多く、頼りすぎるのは非常に危険

自律神経失調症という呼び名は日本独自のもので、欧米にはありません。
自律神経失調症のとらえ方は医師によってまちまちですし、治療方針も一定していないのが現状です。
特に薬の処方がまちまちで、不眠薬、不安感薬でベンゾジアゼピン系と呼ばれるものがよく処方されています。
しかし、強い依存性があり海外では処方期間を4週間に限るなど、 長期使用に警鐘を鳴らしています。
医療保険がない海外では処方箋に慎重な診断があり、日本ぐらい"すぐに"処方されるケースがないのです。

悩み続けていた方の喜びの声

甲府市在住 40代 あみ様

2年前より、不眠、まぶたのけいれん、だるさなどが3ヶ月続き、年齢的なものではないか?と過ごしていましたが、 突然朝、ひどいめまいに襲われ救急搬送されました。
脳のCTやMRI.心電図検査、甲状腺の検査、聴覚検査とさまざま検査受診しましたが、
原因の特定がわからず、心療内科の受診を勧められて、そこで抗うつ剤と睡眠薬での治療を始めましたが、 副作用による吐き気や頭痛が頻繁に起こり、なんとか薬無しで回復できないかとインターネットで情報を検索し、 あかぬま鍼灸治療院と出会いました。

まず、驚いたのはとても丁寧に話をして下さり、これまでの生活習慣、体質、体調、からだ以外の悩み事など 本当に色々とお話させて頂きました。
私よりもお若い先生ですが、豊富な知識で分かりやすく答えて下さったことから、
自然と「何でも話せる」という気持ちになっていたことを覚えています。
それから、6ヶ月お世話になっています。

鍼は以前受けたことがありますが、鍼専用の着替えがあることを知りませんでした。
今まで受けた治療院は裸にタオルをかける感じでしたので...
治療もとても心地よいです。
治療を始めてから4回くらいまでは、大きな変化を感じませんでしたが、
8回目の治療を受けた夜は、とても深い睡眠がとれたことを覚えています。
先生曰く「個人差はありますが、身体はいつでも良くなろうとしてるんですよ。」と納得の一言。
現在、だるさやまぶたのけいれんは、以前と比べものにならないくらい楽になってます。
家庭面のことで、精神的な不安を感じることもありますが、心身ともにサポートして下さり、
感謝しています。 優しくてまっすぐな先生です。 きっと力になって頂けると思います。


中央市在住 中澤様

いつも親切丁寧できめこまやかな対応をして下さり、感謝しています。
身体の悩みや不安なことなども分かりやすく説明していただいています。
身体の症状だけではなく、精神的な苦痛など目に見えない部分に光を当て心によりそい
真摯な態度で向き合って下さり、ありがたく思っています。
生きることや自分自身に対して肯定的に考えられるようになってると思います。

身体は日に変化していくものなので、10年、20年長期的に継続させていただきたいと考えています。 神聖なる時間と空間を与えていただき、ノアの箱舟に入っているかのような感覚を覚えます。
今後ともよろしくお願いいたします。

ポイント

自律神経失調症の場合、多岐にわたる症状でお悩みになると、すぐに症状を抑えようとしますが、カラダが疲れ弱ったことを回復する為、知らせる為に出ているサインであることをしっかり理解してください。


この考えから「カラダが元気になった時、症状(サイン)は出なくなる」という考えになります。
 

それが「自律神経(脳)が活性化していること」「体液循環がスムーズであること」などが正しく働くということで、不調はその働きが正しく働いていないということです。

そのために体質改善をすることが目的になります。

ホメオスタシス(体内環境を一定に保つ機能)・新陳代謝(体を作る成分を運び不要な老廃物を回収する)という体の生理機能をご存知でしょうか。

ホメオスタシスという機能があるためカラダは急な変化を嫌います。

歪みのある硬い部分は元に戻ろうとしますので、ある程度期間を置いて施術した方が身体も適応して治療効果を上げやすいのです。
ですので、症状の改善と体質改善にはズレがあります。
 

施術を重ねると「うーん。そういわれてみれば」という言葉を聞くことが非常に多いです。
 

初めは変化を感じられず不安に感じるかもしれません。

また、最初の頃は変化をかなり感じたのに、なかなか進展しない方もいます。

症状の改善パターンでもご紹介しますが、人それぞれ出ているサインの改善は違います。

しかし、一緒に体質改善に取り組んでいただければ「うーん。そういわれてみれば」があなたの口から出てきます。


ですので、毎回カウンセリングを行い、また患者様にも一日のサイクルを書面で記入していただき小さな変化を意識していただくようにしています。
 

流れる血液が入れ替わるのが120日(約4ヶ月)といわれています。
 

カラダに栄養など送り届けるのが血液の役割です。その血液が変われば全身が整うことはイメージしやすいと思います。

いいものを作れるということは内臓が整ったといえますし、神経系がスムーズに働いていると言えます。症状が取れていくことも想像できるのではないでしょうか。


初期施術の28日間はカラダが小さく変化する大切な目安となる日数です。

女性はなじみのある日数ですが、月経の周期は基本はこの日数です。少しカラダに意識すると変化を体感しやすいです。この小さな変化が4ヶ月で大きな変化となるのです。


自律神経失調症は他の症状に比べ、脳に栄養(血液、脳脊髄液)が流れにくい状態で起ると考えます。

また、薬で症状を抑えるために副作用でカラダが弱っている可能性もあります。

改善は少し腰を据えて一歩一歩になることをご理解ください。
 

ストレス、睡眠不足などでからだを回復する時間が極端な少なかったりすると、たちまち影響を与えます。


当院では、深筋膜に着目した独自の整体や鍼灸治療を行います。あなたの代役は一人もいません!! 倒れる前にご相談下さい!!

身体の不調"リセット"しませんか・・・?

「不安感が治まった」
「起床時の倦怠感も気にならない」
「笑う回数が増えた」
「趣味も楽しめる」

身体の不調を無視し続ければもちろん大きく訴えてきます。

また、薬などで症状を一旦抑えても身体は賢いので、更なる症状で訴えます。

これが薬が効かなくなった状態です。

そうなる前に体質改善をして根本的に身体の根本に栄養を与えて「疲れ」を取ることが大切です。

からだが変わると行動が変わります。 行動が変わると結果が変わります。 からだが変われば、笑顔が増えます。あなたの健康を一緒に守っていきましょう。


< 更年期障害  |  一覧へ戻る  |  肩こり >

このページのトップへ