HOME > ブログ

ブログ

山梨県甲府市より来院されました「偏頭痛」のトリガーポイント鍼灸による改善症例

 

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです♪

今日は症例報告になります。

山梨県甲府市より来院されました


「偏頭痛」のトリガーポイント鍼灸による改善症例になります。

 

 




30代 男性 会社員

 






症状歴:

1年ほど前から偏頭痛に悩むようになった。半年前は月に1~2回ほどであったが、ここ最近では、
1週間で2回ほど頭痛が起きる。ロキソニンを手放せないくらい頻繫に頭痛が起きるため
妻もMRI検査などを進めている。
知人の紹介より、トリガーポイント鍼灸で治療してみたい‼
と当院を受診。
鍼灸は、高校生のころに受けたことがある。
 





施術1回目


検査:

 

首の可動域制限あり。(左回旋)

パトリックテスト陽性

腰の左右回旋(陽性)。➡左右ともに仙腸関節部に疼痛出現。

右股関節可動域制限あり。

 

 

患者:

「首全体が重い感じはある」
頭痛が起きるとき、日中でも夜中でも起きる。」

「痛みが出る箇所は、目の奥や頭頂部によく出る」

カラダのバランスや動きを評価し、




頭痛の原因は「後頭骨」と判断しました。





後頭骨と頸椎1番のバランスが崩れ、脳血流量が低下し、頭蓋が拡大傾向にありました。

簡単に説明すると、脳の酸素不足‼


まずは、頭の大きさを確認していただきます。







後頭骨と頸椎1番の筋膜リリースを行います。


治療することで、脳に血液が流れやすくなります。


頭痛頭痛に悩む方の多くが、慢性的な脳血流量低下があり、


十分な血液が流れることで、脳内の「うっ滞」していた脳脊髄液がスムーズに


流れ、頭は小さく、縮小します。


両手の指と指の間隔が狭なり、頭の大きさを体感していただきます。



調整後はこちらです。




指と指の間隔が狭くなり、調整がうまくできているサインです‼


内臓系の筋膜バランスを整え、施術終了。


このケースは、非常に再発しやすいタイプです。


ご本人にしっかりと説明し、自宅でできるセルフケアを指導しました。







施術2回目


7日後に来院。



 






施術後:



施術者:



「状態を教えてください。」



 



患者:



「治療後から、左奥の目の痛みが消えました。」

「今週は一回もロキソニンを飲んでいません。最近
ほとんど痛み止めが手放せなかったので、ビックリしています‼」

「このまま、ロキソニンを使用しない生活に戻れるなら、
根本的にお願いしたい。」


 





初回と同じ箇所の調整を行いました。

内臓系の反応サインがありましたので、胃、胆のうに針治療を追加。


後頭部のバランスを調整する後頭下筋に鍼灸を行いました。




このケースでは、初期治療に6回ほど短期的に来院して頂いた方が症状が改善します。


S様も通院期間に対して、



「もっと、短いスパンで通院した方が早く治るのではないか?」



と言われますが、自律神経系を高めるにはある程度時間が必要です。



身体は急激な変化を嫌います。








■まとめ■



引き続き、経過報告をブログにて掲載したいと思います。








 





 





 


 


今週の傾向と対策

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。



「今週の傾向と対策」






陽気の変動により自律神経に非常に強いストレスを与えます。


昨日の雨より、気圧の影響による偏頭痛や耳づまりなどの症状を訴える傾向があります。

内臓では、胆のう、十二指腸に反応サインがあり、ぎっくり腰腰痛にも注意が必要です。


「対策」


脳(自律神経)が疲労する時期ですので、休養をしっかりと意識しましょう。


耳の循環を高めることが効果的です。

耳を左右に回したり、引っ張るセルフケアを行ってください。





BAUM FOOTBALL トレーナー活動

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。

「BAUM FOOT BALL CLUB」



5月3、4日と神奈川県川崎市に拠点を置く「BAUM FOOT BALL CLUB」バオムが山梨で合宿をするとのことで、

今回も帯同トレーナーとして参加させていただくことになりました。!(^^)!

炎天下の中、選手達は逞しく、ボールを追いかけていく姿に気分が爽快になります。


バオムとFC浜松との交流試合‼

ゴールデンウイークも去年の夏合宿同様に炎天下の中、開催されました。


とにかく、暑い‼

とにかく、紫外線が強い‼


私も顔がヒリヒリです( ゚Д゚)


ヴァンフォーレユースとの合宿に参加した選手達も大勢来ていて、

どのくらい成長しているのか⁉

楽しみでした♪



まだ、夏合宿から9ヵ月ほどしか経っていませんが、想像を超える成長ぶりでした。



止める、蹴るの基本がゲームでしっかりできている


攻撃の選手達にパスをした後もしっかりサポートできている



ディフェンスも最後まで粘り強くコンタクトできる



バオムの選手達はよく走る


子供達の成長はホントに凄いです‼





コウスケ君も綺麗なシュートフォームです((笑))




山梨、神奈川、静岡の選手達の試合を観戦していましたが、一番走っていたのがバオムの選手達‼


羨ましい限りです(^^♪



大きな怪我もなく2日間帯同できて何よりです♪


あの頃の馬力を取り戻したい・・・






今週の傾向と対策

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。



「今週の傾向と対策」






陽気の変動により自律神経に非常に強いストレスを与えます。


頭がボーっとする、倦怠感、目のかすみ、意欲が湧かない、朝起きられない

頭痛などの症状を訴える患者様が来院します。


「対策」


脳(自律神経)が疲労する時期ですので、休養をしっかりと意識しましょう。


耳の循環を高めることが効果的です。

耳を左右に回したり、引っ張るセルフケアを行ってください。


今年は例年より冬場の寒冷刺激により、体調管理が難しい状態が続きます。



くれぐれもご自愛ください。

山梨県甲府市より来院されました「転倒後による腰痛」のトリガーポイント鍼灸による改善症例

 

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです♪

今日は症例報告になります。

山梨県甲府市より来院されました


「転倒後による腰痛」のトリガーポイント鍼灸による改善症例になります。

 

 




50代 女性  会社員

 






症状歴:

「年始に買い物をしてる際に、スーパーで転倒して腰を強打した。両手に荷物を持っていたので、

 受け身を取ることができず、頭部も損傷。整形外科にてレントゲン検査し、骨には異常なし。

受傷当時は頭痛や首の痛みもあり、整骨院にて電気治療、赤外線治療の処置にて改善したが

腰の痛みが続く。骨盤のゆがみが気になる」





施術1回目


検査:

施術者:

首の可動域制限あり。(左回旋)

肩関節の制限あり。(右挙上低下)

腰の前かがみの姿勢。(前屈陰性)

腰の左右回旋(陽性)。➡左右ともに仙腸関節部に疼痛出現。

右股関節可動域制限あり。

 

 

患者:

「椅子から立ち上がる際に、右腰に痛みあり。」
「車の乗り降りがつらい。」

カラダのバランスや動きを評価し、




腰痛の原因は「胸椎12番のゆがみ」と判断しました。





転倒後から背骨周辺の筋群が硬くなり、特に胸椎12番目の可動域制限が顕著でした。




胸椎12番目を筋膜リリース後、座位姿勢より立ち上がる動きに痛みが出ないとのことで、


施術終了。



施術2回目


5日後に来院。



 






施術後:



施術者:



「もう一度、腰の動きを確認してくだい。」



 



患者:



「大分、動きがスムーズです。」

「デスクワーク時は、ほとんど支障ありません。
車の乗り降りはまだ不安があります。」

「ただ、首の痛みと頭頂部の頭痛がありました。」
 





大殿筋の緊張が緩んでいませんでしたので、大殿筋にトリガーポイント鍼灸を行いました。









頸椎1番の筋膜リリースを行いました。








施術3回目

10日後来院。






問診:



施術者:



 「前回の施術後、腰の調子と頭痛の具合はどうですか?」

 「腰以外で他に気になるところはありませんでしたか?」



 



患者:


「筋肉痛のような疲労が翌日ありましたが、朝から比較的動きはよかったです。」


「腰はもう完治したようです。


 頭痛の一度ありましたが、薬を服用せずに落ち着きました。

肩こりがひどくなった気がします。」



再度、バランスをチェックし、



肩こりがひどくなったわけではなく、腰の血流が良くなったことで、




二次的に隠れていた肩こりが表面に出てきたようです( ゚Д゚)





肩こりの原因は頸椎2番と仙骨バランスにありました。



頸椎1番目の調整と首周辺の筋膜リリースを行いました。




再度、筋肉の緊張や腰の動きを確認していただき、施術終了。



 


施術4回目

10日来院。

 






問診:



施術者:



「前回、首の調整をメインで行いました。この1週間の状態を教えてください。」



 



患者:



「首の治療後、朝スッキリした感じがあります。」


頭痛もなし。」

「腰は車の乗り降りも大丈夫です。(^^♪」



とても状態が良好のようです。



デスクワークが長く、手首や肘のこわばりを最終的な調整を行いました。


脳(自律神経)を整えることで自己調整力が高まります(^^♪


1か月後に最終検査で予約を入れていかれました♪




■まとめ■



腰痛といっても原因はさまざまです。


今回のケースでは、転倒後から続く腰痛でしたので、首周辺の緊張や背骨の評価、筋膜のゆがみ

を丁寧に評価する必要性がありました。



長引く腰痛には、筋膜のゆがみをチェックするのもおすすめします!






 





 





 


 


今週の傾向と対策

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。



「今週の傾向と対策」






急激な気温上昇により、全身の代謝機能がよくなり、腎臓、肝臓に反応サインがみられます。


脳(自律神経)が急激な変化についていけず、頭がボーっとする、倦怠感、目のかすみ、

肩こり頭痛などの症状を訴える患者様が来院します。









「対策」


脳(自律神経)が疲労する時期ですので、休養をしっかりと意識しましょう。


運動習慣がある方は、運動量を減らすのも対策です。(^^♪






◎水分をこまめに摂る


◎睡眠をしっかりとる


◎運動量は減らす






くれぐれもご自愛ください。

花粉症を悪化させない習慣

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。


今日のテーマこちらです。


花粉症







大分、春らしい暖かな日が続くようになりました。


私自身も3月から自転車通勤にシフトしました(^^♪



しかし、冬から春に差し掛かる3月は特に不調を訴えやすい時期でもあります。


特に、毎年花粉症で悩む人は辛いシーズンでもあります。


今日は、「花粉症を悪化させない習慣」をコラムします(^^♪




■花粉症の要因■


①アレルギー反応

②免疫力低下

③肝臓機能低下






花粉症というと、アレルギー疾患だけが原因として挙げられる傾向がありますが、

上記の3つの要因が重なると発症しやすくなります。



冬場、花粉症だけでなく風邪の影響で鼻水や目のかゆみは起こります。


免疫力が低下し、風邪シーズンを越えても体力が回復せず、



春先を迎えてしまうとカラダに負担がかかるのです。




体内ではウイルスの排除などを含め、代謝が冬場よりも高まります。


代謝が高くなると、血流量も早くなり、解毒作用を行う肝臓や老廃物を排除する腎臓など


にも影響を与えます。



言い換えれば、毎年花粉で悩む人は、もともと肝臓や腎臓が弱い体質でもあります。








■悪化させない習慣■



以上の3つの要因が重なることで花粉症が起きやすくなります。


3つの要因を対策する生活習慣を身につけましょう♪






◇睡眠の質を高める


免疫力が低下しないようにしっかりと睡眠時間が必要になります。


冬場の毛布や厚手の布団で朝方に、布団からはだけている方は、


薄手の布団などに変更しましょう。


睡眠時の体温上昇は、自律神経系に負担を与えます。




◇水分量


冬場より意識して水分補給をしましょう。


お茶やコーヒーではなく、

ミネラルウォーターなどを摂取するようにしましょう。


◇長すぎる睡眠は禁物


睡眠時間は長ければ、いいと言うわけではありません。


睡眠中は同一姿勢が多くなりますので、脳(自律神経)にも負担をかけます。


週末に長く睡眠時間を確認するような方は注意しましょう。




◇耳マッサージ




首周りの血流量も上げる方法として、耳マッサージが効果的です。


左右を引っ張り、20秒ほど引っ張った状態でキープしてください。


毎日朝、昼、晩1回をやってみましょう。




◇アルコールは控える



ストレス発散でアルコールを嗜む方も多いと思います。


しかし、血管拡張作用があり鼻詰まりや目の充血なども起こりやすくなります。


アルコールの分解は、肝臓で行われますので、



なるべくアルコール量は控える習慣


を身につけましょう。





■まとめ■


薬の量が増えてしまっている・・・

朝からボーっとする・・・



免疫力が低下しているサインです((+_+))


是非とも、免疫力を高める習慣にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。。



季節の変わり目でカラダに不調をきたす理由・・・

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。


今日のテーマこちらです。


季節の変わり目でカラダに不調をきたす理由・・・



40代女性が首や肩こりが辛く、肩をおさえている画像になります



大分、春らしい暖かな日が続くようになりました。


私自身も3月から自転車通勤にシフトしました(^^♪



しかし、冬から春に差し掛かる3月は特に不調を訴えやすい時期でもあります。


今回は、春先に起こりやすい症状のメカニズムをコラムします。




■春先に起こりやすい不調■


①寝つけない

②朝起きられない

③体がだるい(一日中ボーっとする)

頭痛

➄ギックリ腰






目がかすむ、寝違え等を訴える人が多くなります。

春先は、昼夜の寒暖差が目立ち、寒い日の翌日が暖かい日になることも多々あります。


このような外気温の変化は体内にストレスを与えます。


皆さん、ホメオスタシスとう言葉はご存知でしょうか・・・


人間のカラダは常に体内環境を一定に保つようなしくみがあります。


これをホメオスタシス(恒常性の維持)と呼びます。



気温の変化だけでなく、血圧や血液Ph、病原菌・ウイルスの排除といった生体機能全般を



常に一定に働くように脳(自律神経)が司令塔となり行われます。


脳(自律神経)は気温の変化が頻繁に起こることで、疲労を起こします。


脳が疲労困憊になると、全身の組織・器官の代謝機能が低下します。( ゚Д゚)


老廃物が体内で増え、細菌の増殖、炎症なども起こり、


脳自体の血液量も少なくなります。



では、春先に起こりやすい症状を1つ1つ確認していきましょう。




①寝つけない


脳に血流量が不足すると、頭蓋内圧が上昇し、交感神経(自律神経)が緊張することで


寝つけない症状になります。





②朝起きられない


代謝があがることで、体内の老廃物が増えます。


腎臓に負担がかかると、カラダのだるさや朝起きられない症状を訴えます。




③体がだるい(一日中ボーっとする)

脳(自律神経)が疲労することで、頭がボーっとする、集中力低下などが出ます。




頭痛

脳が疲労するとリンパ系にも影響を与えます。

リンパ系の反射筋である僧帽筋や肩こりなどの筋緊張を起こし、

筋緊張頭痛を起こします。





➄ギックリ腰


代謝の影響で腎臓に負担がかかります。


腎臓周辺の筋・筋膜にも負担がかかり、ぎっくり腰を起こしやすくなります。





■予防法■



やはり、外気温などの影響から脳(自律神経)が一番ストレスにさらされます。


自律神経を整える生活習慣を覚えましょう。



◇睡眠の質


冬場の毛布や厚手の布団で朝方に、布団からはだけている方は、


薄手の布団などに変更しましょう。


睡眠時の体温上昇は、自律神経系に負担を与えます。




◇水分量


冬場より意識して水分補給をしましょう。



◇長すぎる睡眠は禁物


睡眠時間は長ければ、いいと言うわけではありません。


睡眠中は同一姿勢が多くなりますので、脳(自律神経)にも負担をかけます。


週末に長く睡眠時間を確認するような方は注意しましょう。




◇耳マッサージ



こめかみの筋膜を緩める方法として、耳マッサージが効果的です。


左右を引っ張り、20秒ほど引っ張った状態でキープしてください。


毎日朝、昼、晩1回をやってみましょう。


■まとめ■


いかがでしょうか・・・


春先に不調で悩む人は、是非ともセルフ予防法を行ってみましょう。

山梨県甲府市より来院されました「マラソンによる腰痛」のトリガーポイント鍼灸による改善症例

 

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです♪

今日は症例報告になります。

山梨県甲府市より来院されました


「マラソンによる腰痛」のトリガーポイント鍼灸による改善症例になります。

 

 




30代 男性  会社員

 






症状歴:

「1年前よりマラソンを始め、休日の日には10~15キロほど走るようにしている。
寒くなってきて走る回数は少なくなっているが、ここ最近は走った翌日に痛みが出る。特に右腰がつらい。
 





施術1回目


問診:

施術者:

「○○さん、座った状態で腰を動かすのと、立った状態で腰を動かすのだと、どちらが動きやすいですか?」
「朝起きる際は、仰向けで寝ていますか?それとも横向きですか?」
 

 

患者:

「座った姿勢で腰を動かすほうが楽です。」
「寝る際は、仰向けですが起きるときはいつも横向きです。」



カラダのバランスや動きを評価し、



腰痛の原因は「腰方形筋」のトリガーポイントと判断しました。




また、ストレッチ不足で股関節の動きが悪く、その影響もあり。









腰方形筋(ようほうけいきん)


こちらのエリアにトリガーポイント鍼灸を行いました。





 

施術後・・・
 






施術後:



施術者:



「もう一度、腰の動きを確認してくだい。」



 



患者:



「刺された余韻が残ってます!(笑)」
「でも、つらい箇所に刺激された感じがしました。」

腰方形筋は深い層の筋・筋膜ですので3回ほど同じ部位を調整します。



とのことで1週間後に2回目の施術。





ほぼ、筋膜のゆがみが正常になっていましたので、2回で大丈夫そうです(^^♪


今日もバシッとトリガーポイント鍼灸を行いました。



再来週からマラソンしていただいて、不具合が出るようでしたら、連絡ください。


とのことで卒業です♪






■まとめ■


腰方形筋のトリガーポイントが慢性化すると、耐えられないほどの激痛

へと悪化していきます。


早めの処置が功を奏した症例でした。






 





 





 


 


今週の傾向と対策

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。



「今週の傾向と対策」






寒さの影響かインフルエンザが流行しています。


あかぬま鍼灸治療院に来院される患者様の特徴として、「十二指腸」に反応サインが


みられます。


頭頂部(頭のてっぺん)の頭痛や胸の膨満感、背中がこわばる、足がつる、


太ももが緊張する、などの症状を訴えます。



特に気をつけていただきたい症状は「ぎっくり腰」です。


今年のギックリ腰は、例年に比べて回復スピードが悪いです((+_+))




「対策」


寒冷は自律神経系に強く影響を与えます。



◎水分をこまめに摂る


◎睡眠をしっかりとる


◎背中やハムストリングス筋をストレッチする






くれぐれもご自愛ください。

1234567

アーカイブ

このページのトップへ