HOME > ブログ > 自律神経のお悩み > 山梨県昭和町から来院しました『自律神経失調症による手足のしびれ、口周辺のしびれ』の症例

ブログ

< 勝沼のバスケットボール選手♪♪ 手首の調整でオスグッドを克服‼  |  一覧へ戻る  |  今週の傾向と対策 >

山梨県昭和町から来院しました『自律神経失調症による手足のしびれ、口周辺のしびれ』の症例

 

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです♪

今日は症例報告になります。

山梨県昭和町より来院されました


自律神経失調症による手足のしびれ、口周辺のしびれ」の症例になります。




 



上記の資料は実際に来院の際にお持ちになって下さった症状説明です。



本当に良くなりたい。


原因を知りたい。


本気度が高い患者さまですね。


こちらも真摯に施術をしたくなります。




少し要約させていただきます。


2017年:2月中旬に網膜中心静脈(左目眼底)発症。

3月3日:医大眼科にて治療開始。

同時期に左足趾親指がたまにピリピリとしびれだす。
1ヵ月後位から、しびれが両手指先、両指先、くちびるまわりがしびれだす。

脳に異常があっては危険なので、医大神経内科にて検査
(脳CT.MRI.神経伝達検査.血液検査異常なし)

原因不明。しびれの範囲は少しひろがり、両手両足先、
くちびるまわりに広がっている。

嚙み合わせ、整体に通ったがあまり改善されない。



この患者さまは、わずか4回の施術で7割程度しびれが緩和されました。


どういった考察の下で施術を行ったのか説明させていただきます。


・脳から起きる危険性が高い症例ではないこと

・しびれは手足とくちびるまわりにあり

・咬合治療による全身バランスの調整も変化なし

・骨格調整による整体も効果なし


まずは発症からの経緯が重要です。



この患者さまは眼底出血後から症状が出始めたと訴えています。


そうなると、骨格による構造的な問題から起きるしびれでは

ないと示唆します。
(仕事による負担をかける要素がないことが前提として)


咬合変位。


これも構造的な骨の問題を整える(特に頸椎2番目の変位を治す)目的として
アプローチしていますが、メジャーな問題ではないようです。


ではどう見立てをたてるか?


やはり内臓からの症状を疑います。


網膜中心静脈閉塞症(眼底出血)=血管系に負担がかかっている


心臓系、肝臓系に負担をかける問題があるのではないかと


見立てを立てることができます。



家系で心臓系に悪い方はいない様子でしたが、仕事と介護の
両立で心労あり➡心臓系に負担をかける


嗜好品がアルコール。


毎晩他院していて、量が減らない。

➡肝臓系に負担をかける


アルコールを多飲することで体内ビタミン群
が不足傾向になります。



その結果、脚気、むくみ、手足のしびれ、口角炎などの症状が出やすくなります。


施術内容は2つです。

1:脳(自律神経)の調整
2:栄養管理の指導


この2点のみで症状は劇的に回復しました。



見立てをたてる‼


とても重要であることを再認識した症例でした。












 


カテゴリ:

< 勝沼のバスケットボール選手♪♪ 手首の調整でオスグッドを克服‼  |  一覧へ戻る  |  今週の傾向と対策 >

同じカテゴリの記事

自律神経失調症を整える食生活 part2

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。

今日のテーマはこちらです。


自律神経失調症を整える食生活part2加工食品について」



からだのを整えるには、血となる食事を見直すことも大事になります。



一般的に加工食品とは



コンビニ弁当、ファーストフード、インスタント食品、菓子パン、ジュース




などが挙げられます。











ほとんど、食生活には欠かせないものですが加工食品の摂りすぎには注意が必要です。




加工食品にはリンが多量に含まれています。



リンは体内のカルシウムと結合して尿から排泄されるため、リンを大量に摂れば、




それだけカルシウムも失われることになります。



また糖質を分解するために欠かせないビタミンBも含まれておりません。



リンの多い偏った食生活では、カルシウムの摂取量が少ない状態が長期間続き、



骨密度に影響を及ぼします。



腎不全や腎臓結石もリンの過剰摂取で起こることのある病気です。







■まとめ■



いかがだったでしょうか・・・



加工食品によるリンの摂取は現代人には避けて通れないものですが、


体調を整えるには摂りすぎに気をつけるが大切です。



気になる方は食生活を見直してみましょう。

自律神経失調症を整える食生活

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。

今日のテーマはこちらです。


自律神経失調症を整える食生活」


からだのを整えるには、血となる食事を見直すことも大事になります。


皆様、「医食同源」という言葉はご存知でしょうか?



新明解四字熟語辞典では、


「病気を治す薬と食べ物とは、本来根源を同じくするものであるということ。

食事に注意することが病気を予防する最善の策であり、日ごろの食生活も医療に通じるということ。」


と記載されています。

これは、中医学から伝来された四字熟語です。


自律神経失調症に悩む方々の食生活はどうでしょうか?



こんな食生活に心当たりありませんか・・・


砂糖や加工食品を摂り過ぎている

動物性脂肪や過酸化脂質を多く摂取する

夜メインの食事

主食をあまり食べない(おかずメイン)

ビタミンやミネラル・香辛料をあまりとらない

食後もフルーツなどを食べる

水分を摂りすぎている




■砂糖や加工食品を摂り過ぎている




砂糖というとチョコレートやケーキなどを思い浮かべますが、食事の中にも多量に含まれています。


牛丼、かつ丼。寿司飯などにも含まれていますし、調味料では必ず欠かせないものです。


砂糖の悪影響とは、骨や歯からカルシウムが失われることで、虫歯や骨粗鬆症などになりやすく、ビタミンBも消耗します。


ビタミンBが疲労回復には良いと聞いたことがあると思います。


ビタミンBが消耗する結果、疲れやすくなり、肩こり腰痛頭痛を招く結果に・・・


特に日ごろから砂糖の多い食生活ですと、低血糖症状を招きやすくなります。


例えば、甘いものを食べることで血糖値は急に上昇し、多く摂りすぎている糖を消費しようとホルモンが働きます。


急激な上昇ですので、ホルモンをうまく血糖値をコントロールすることができず、基準値よりも糖を消費してしまう状態を


低血糖症と呼ばれます。




低血糖症の代表的な症状は、立ちくらみ・動悸・ケイレン・関節・不眠・ものが二重に見える・冷え症・すごい空腹感などの症状です。


さらにカラダは、低血糖状態からくる異常サインにアドレナリンを分泌して、血糖レベルを引き上げようとします。


アドレナリンは、血圧上昇をさせ、心拍数を高め、交感神経を緊張させたりします。

アドレナリンの影響でも自律神経系にストレスを与えます。


■まとめ■


いかがだったでしょうか・・・


疲れたから甘いものやジュースなどについ手が伸びてしまう・・・


食事の味付けが濃いものが好き・・・


少し見直す必要がありそうですね。


次号は加工食品についてコラムします。

自律神経失調症と朝食生活

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。


今日のテーマはこちらです。


自律神経失調症と朝食生活」


自律神経失調症を改善させるには、食事の摂り方も大事になります。


特に朝食をしっかりととることが重要になります。





睡眠中に低下した体温と血糖が上昇し、活動モードに切り替わります。



特に自律神経失調症に悩む人は、血糖値をコントロールする脳に誤作動を生じている状態です。


朝食を摂らずに血糖値を上げない生活を長くしていると、朝から脳は大忙しです。



●朝食を美味しく頂くために夕食を軽くする


夕食で摂取した量が多すぎて翌日まで持ち越すと、朝食が食べられないケースが多くなります。

朝から「お腹が空いた」と積極的に朝食を食べれるように準備しましょう。



■まとめ■

いかがだったでしょうか・・・

最近、朝食を食べない生活をしている人が増加しております。

ぜひ、体の準備には朝食が必要不可欠だと覚えておきましょう。


自律神経失調症と間違えやすい病気

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。


今日のテーマはこちらです。


自律神経失調症と間違いやすい病気」


自律神経失調症の症状と、よく似た症状が現れる病気があります。


主な病気を覚えておきましょう。



●貧血


体がだるい、疲れやすい、顔色が青白い、動悸や息切れがするなどの自律神経失調症

貧血で起こっていることがあります。


鉄欠乏性貧血、再生不良性貧血など、さまざまな貧血がありますが、内科で赤血球数と血色素量(ヘモグロビン値)を検査して、


異常がなければ心配ありません。


●糖尿病


疲れやすい、だるい、手足がしびれる、のどが渇くなどの症状があり、重症になると痩せてきたり、失明、動脈硬化、心臓病などの

合併症も出てきます。


内科で行う尿糖や血糖の検査で、異常がなければ心配ありません。


●バセドウ病



甲状腺刺激ホルモンの分泌異常によって起こります。発汗、頻脈、動悸、血圧上昇、精神不安、手のふるえなどの症状があります。

内科で採血して甲状腺線機能を検査すれば、病気の有無がわかります。




●脳腫瘍


体の平行感覚を司る脳幹部にできた腫瘍は、頭痛、ふらつき、めまい、耳鳴りなどの症状を見せることがあります。



けいれんなどの発作が起こった場合は、この病気が疑われます。


■まとめ■

いかがだったでしょうか・・・


自律神経失調症と間違いやすい病気があります。

覚えておきましょう。







アルコールと自律神経の乱れ

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。

今日のテーマはこちらです。


「アルコールと自律神経の乱れ」




自律神経失調症による眠れない、不眠症などのお悩みの方にコラムします。



過度のアルコールでの入眠は自律神経失調症を加速させます。



アルコールは飲めば直ちに血液中に入り、血糖値は上昇し、気分が高揚します。



しかし、その後は血糖値を下げるため膵臓からインスリンホルモンが分泌され、逆に低血糖状態に陥ります。



よく、お酒を飲むことで気分を落ち込むような方も見かけますが、血糖値の乱高下で起きるためです。



アルコールを分解できる能力は個人差はありますが、体重60~70kgの人で1時間で7gほどしかしかありません。



一日に摂取できる量は、ビールなら大瓶1本ほどです。



最近、疲れて寝つきがよくない・・・


ストレスで気分が落ち込む・・・




アルコールで寝つきをよくしようとする患者様も多数いますが、アルコールは血糖値の乱高下や体内ミネラルを排出し、


バランスを狂わせます。





どうしてもお酒を飲まれる人は仕事休みの週末以外は、摂取量に気を配ってください。



お酒以外にもリフレッシュできるものを見つけましょう。



◎日帰り入浴施設で湯に浸かる


◎好きな映画を観賞する。


◎お香やアロマで、香りを楽しむ。


◎ストレッチなどで、体をほぐす。






アルコールは適度に飲まないと、自律神経失調症を加速させます。




心当たりのある方は、気をつけてください。






このページのトップへ