HOME > ブログ > 今週の傾向と対策 > 今週の傾向と対策

ブログ

< 山梨県甲府市より来院されました「転倒後による腰痛」のトリガーポイント鍼灸による改善症例  |  一覧へ戻る  |   BAUM FOOTBALL トレーナー活動 >

今週の傾向と対策

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。



「今週の傾向と対策」






陽気の変動により自律神経に非常に強いストレスを与えます。


頭がボーっとする、倦怠感、目のかすみ、意欲が湧かない、朝起きられない

頭痛などの症状を訴える患者様が来院します。


「対策」


脳(自律神経)が疲労する時期ですので、休養をしっかりと意識しましょう。


耳の循環を高めることが効果的です。

耳を左右に回したり、引っ張るセルフケアを行ってください。


今年は例年より冬場の寒冷刺激により、体調管理が難しい状態が続きます。



くれぐれもご自愛ください。

カテゴリ:

< 山梨県甲府市より来院されました「転倒後による腰痛」のトリガーポイント鍼灸による改善症例  |  一覧へ戻る  |   BAUM FOOTBALL トレーナー活動 >

同じカテゴリの記事

今週の傾向と対策

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。



「今週の傾向と対策」






陽気の変動により自律神経に非常に強いストレスを与えます。


昨日の雨より、気圧の影響による偏頭痛や耳づまりなどの症状を訴える傾向があります。

内臓では、胆のう、十二指腸に反応サインがあり、ぎっくり腰腰痛にも注意が必要です。


「対策」


脳(自律神経)が疲労する時期ですので、休養をしっかりと意識しましょう。


耳の循環を高めることが効果的です。

耳を左右に回したり、引っ張るセルフケアを行ってください。





今週の傾向と対策

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。



「今週の傾向と対策」






急激な気温上昇により、全身の代謝機能がよくなり、腎臓、肝臓に反応サインがみられます。


脳(自律神経)が急激な変化についていけず、頭がボーっとする、倦怠感、目のかすみ、

肩こり頭痛などの症状を訴える患者様が来院します。









「対策」


脳(自律神経)が疲労する時期ですので、休養をしっかりと意識しましょう。


運動習慣がある方は、運動量を減らすのも対策です。(^^♪






◎水分をこまめに摂る


◎睡眠をしっかりとる


◎運動量は減らす






くれぐれもご自愛ください。

今週の傾向と対策

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。



「今週の傾向と対策」






寒さの影響かインフルエンザが流行しています。


あかぬま鍼灸治療院に来院される患者様の特徴として、「十二指腸」に反応サインが


みられます。


頭頂部(頭のてっぺん)の頭痛や胸の膨満感、背中がこわばる、足がつる、


太ももが緊張する、などの症状を訴えます。



特に気をつけていただきたい症状は「ぎっくり腰」です。


今年のギックリ腰は、例年に比べて回復スピードが悪いです((+_+))




「対策」


寒冷は自律神経系に強く影響を与えます。



◎水分をこまめに摂る


◎睡眠をしっかりとる


◎背中やハムストリングス筋をストレッチする






くれぐれもご自愛ください。

今週の傾向と対策

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。



「今週の傾向と対策」






寒さが激しく、インフルエンザが流行しています。

喉の痛みや上気道炎の症状が出やすい時期です。

また、胃に反応があり、お尻や大胸筋に緊張があります。

中殿筋の緊張が強くなることで、ぎっくり腰などにも注意しましょう。




「対策」


気温差は自律神経系に強く影響を与えます。

◎水分をこまめに摂る。

◎首周辺を外気温から守る➡首をしっかりと暖めましょう。


◎長湯はしない➡代謝が上がりすぎると、腎臓が疲労を起こします。





くれぐれもご自愛ください。


今週の傾向と対策

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。



「今週の傾向と対策」






陽気の変動が激しく、自律神経系や副腎の反応がみられます。

背骨では、胸椎4番、胸椎9番の反応から、朝起きられない・ふくらはぎの緊張・内転筋の緊張や

胸郭の動きが低下する傾向があります。





「対策」


気温差は自律神経系に強く影響を与えます。

◎しっかりと睡眠をとること。至適温度20℃前後の部屋で眠るようにしましょう。

◎朝食をとる➡血圧を安定させるため


◎長湯はしない➡代謝が上がりすぎると、腎臓が疲労を起こします。





くれぐれもご自愛ください。


このページのトップへ