HOME > ブログ > 今週の傾向と対策 > 今週の傾向と対策

ブログ

< 花粉症を悪化させない習慣  |  一覧へ戻る  |  山梨県甲府市より来院されました「転倒後による腰痛」のトリガーポイント鍼灸による改善症例 >

今週の傾向と対策

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。



「今週の傾向と対策」






急激な気温上昇により、全身の代謝機能がよくなり、腎臓、肝臓に反応サインがみられます。


脳(自律神経)が急激な変化についていけず、頭がボーっとする、倦怠感、目のかすみ、

肩こり頭痛などの症状を訴える患者様が来院します。









「対策」


脳(自律神経)が疲労する時期ですので、休養をしっかりと意識しましょう。


運動習慣がある方は、運動量を減らすのも対策です。(^^♪






◎水分をこまめに摂る


◎睡眠をしっかりとる


◎運動量は減らす






くれぐれもご自愛ください。

カテゴリ:

< 花粉症を悪化させない習慣  |  一覧へ戻る  |  山梨県甲府市より来院されました「転倒後による腰痛」のトリガーポイント鍼灸による改善症例 >

同じカテゴリの記事

今週の傾向と対策

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。



「今週の傾向と対策」→夏風邪傾向と腎臓の疲労感








連日の暑さで自律神経に負担が増大しています。


温度上昇のため、体内代謝が上がり、腎臓系に疲労が出始めています。


疲労が蓄積することで、体内ウイルスが増殖し夏風邪症状の方々が来院されます。







「対策」


寝室の温度は25℃以下が脳が一番休まる温度とされています。

寝汗が出る人は、代謝が上がり過ぎていますので寝室の温度を調節しましょう。


アイスノンで、入浴後に後頭部と腎臓を5~10分アイシングを徹底しましょう。


身体の内臓が疲労すると熱が発生します。アイシングをすることで、熱を上手に

緩和する効果が期待できますので、とってもオススメです(^^♪




◎冷たすぎる飲料水は控える


◎睡眠をしっかりとる


◎運動量は減らす






くれぐれもご自愛ください。

今週の傾向と対策

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。



「今週の傾向と対策」






連日の暑さで、腎臓と胃に負担がかかり、体力を消耗し、夏風邪の状態が続いています。


朝から起きられない、頭がボーっとする、全身の疲労感などを訴える傾向があります。


腎臓系の疲労があり、ぎっくり腰腰痛、偏頭痛などにも注意が必要です。


「対策」


気温が25℃以上が続く熱帯夜です。

寝室の温度管理を徹底し、エアコン、アイスノンなどを上手に使いましょう。


睡眠不足で体力が消耗すると、体内ウイルスが増殖して夏風邪を誘発させます。







はちみつ、酢、フルーツなどのエネルギーに変換しやすい食べ物を入れるようにしましょう。


ご自愛ください。





今週の傾向と対策

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。



「今週の傾向と対策」






陽気の変動により自律神経に非常に強いストレスを与えます。


朝から起きられない、頭がボーっとする、全身の疲労感などを訴える傾向があります。

腎臓系の疲労があり、ぎっくり腰腰痛、偏頭痛などにも注意が必要です。


「対策」


脳(自律神経)が疲労する時期ですので、休養をしっかりと意識しましょう。


とにかく、睡眠をとる‼


はちみつ、黒糖、フルーツなどのエネルギーに変換しやすい糖分を入れるようにしましょう。


五月病から六月病にならないように、ご自愛ください。





今週の傾向と対策

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。



「今週の傾向と対策」






陽気の変動により自律神経に非常に強いストレスを与えます。


昨日の雨より、気圧の影響による偏頭痛や耳づまりなどの症状を訴える傾向があります。

内臓では、胆のう、十二指腸に反応サインがあり、ぎっくり腰腰痛にも注意が必要です。


「対策」


脳(自律神経)が疲労する時期ですので、休養をしっかりと意識しましょう。


耳の循環を高めることが効果的です。

耳を左右に回したり、引っ張るセルフケアを行ってください。





今週の傾向と対策

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。



「今週の傾向と対策」






陽気の変動により自律神経に非常に強いストレスを与えます。


頭がボーっとする、倦怠感、目のかすみ、意欲が湧かない、朝起きられない

頭痛などの症状を訴える患者様が来院します。


「対策」


脳(自律神経)が疲労する時期ですので、休養をしっかりと意識しましょう。


耳の循環を高めることが効果的です。

耳を左右に回したり、引っ張るセルフケアを行ってください。


今年は例年より冬場の寒冷刺激により、体調管理が難しい状態が続きます。



くれぐれもご自愛ください。

このページのトップへ