HOME > ブログ > 今週の傾向と対策 > 今週の傾向と対策

ブログ

<  手のしびれやむくみは筋膜にある!!part4手のしびれやむくみに悩む方必見!!  |  一覧へ戻る  |  山梨県甲府市より来院されました「介護による腰痛」のトリガーポイント鍼灸による改善症例 >

今週の傾向と対策

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。



「今週の傾向と対策」






寒さの影響かインフルエンザが流行しています。


あかぬま鍼灸治療院に来院される患者様の特徴として、「十二指腸」に反応サインが


みられます。


頭頂部(頭のてっぺん)の頭痛や胸の膨満感、背中がこわばる、足がつる、


太ももが緊張する、などの症状を訴えます。



特に気をつけていただきたい症状は「ぎっくり腰」です。


今年のギックリ腰は、例年に比べて回復スピードが悪いです((+_+))




「対策」


寒冷は自律神経系に強く影響を与えます。



◎水分をこまめに摂る


◎睡眠をしっかりとる


◎背中やハムストリングス筋をストレッチする






くれぐれもご自愛ください。

カテゴリ:

<  手のしびれやむくみは筋膜にある!!part4手のしびれやむくみに悩む方必見!!  |  一覧へ戻る  |  山梨県甲府市より来院されました「介護による腰痛」のトリガーポイント鍼灸による改善症例 >

同じカテゴリの記事

今週の傾向と対策

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。



「今週の傾向と対策」






寒さが激しく、インフルエンザが流行しています。

喉の痛みや上気道炎の症状が出やすい時期です。

また、胃に反応があり、お尻や大胸筋に緊張があります。

中殿筋の緊張が強くなることで、ぎっくり腰などにも注意しましょう。




「対策」


気温差は自律神経系に強く影響を与えます。

◎水分をこまめに摂る。

◎首周辺を外気温から守る➡首をしっかりと暖めましょう。


◎長湯はしない➡代謝が上がりすぎると、腎臓が疲労を起こします。





くれぐれもご自愛ください。


今週の傾向と対策

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。



「今週の傾向と対策」






陽気の変動が激しく、自律神経系や副腎の反応がみられます。

背骨では、胸椎4番、胸椎9番の反応から、朝起きられない・ふくらはぎの緊張・内転筋の緊張や

胸郭の動きが低下する傾向があります。





「対策」


気温差は自律神経系に強く影響を与えます。

◎しっかりと睡眠をとること。至適温度20℃前後の部屋で眠るようにしましょう。

◎朝食をとる➡血圧を安定させるため


◎長湯はしない➡代謝が上がりすぎると、腎臓が疲労を起こします。





くれぐれもご自愛ください。


今週の傾向と対策

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。



「今週の傾向と対策」






寒暖差が激しく、風邪が流行しています。

喉の痛みや上気道炎の症状が出やすい時期です。

また、リンパ系(脾臓)や肝臓ポイントに反応があり、肩こり(僧帽筋)や肩甲骨(菱形筋)に緊張があります。

背中の緊張が強くなることで、ぎっくり腰などにも注意しましょう。




「対策」


気温差は自律神経系に強く影響を与えます。

◎しっかりと睡眠をとること。至適温度20℃前後の部屋で眠るようにしましょう。

◎首周辺を外気温から守る➡首をしっかりと暖めましょう。


◎長湯はしない➡代謝が上がりすぎると、腎臓が疲労を起こします。





くれぐれもご自愛ください。


今週の傾向と対策

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。



「今週の傾向と対策」






気圧の変動による倦怠感、偏頭痛や風邪傾向があります。

喉の痛みや上気道炎の症状が出やすい時期です。




「対策」


気温差は自律神経系に強く影響を与えます。

◎しっかりと睡眠をとること。

◎温かい食事を取り入れる


◎長湯はしない➡代謝が上がりすぎると、腎臓が疲労を起こします。





くれぐれもご自愛ください。


今週の傾向と対策

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。



「今週の傾向と対策」






陽気の変動が激しく、風邪傾向があります。

頭痛、ボーっとする、首肩のこり、足がつる、眠れない、起きられないなどを訴える患者様が多いです。




「対策」

気圧の変動で、体の中の水分が膨張することで、不定愁訴を訴えます。リンパ系の流れが詰まりやすい耳裏(乳様突起)などをしっかりと

叩打してください。


◎みぞおちを軽く10~15回叩打。

◎長湯はしない➡代謝が上がりすぎると、腎臓が疲労を起こします。

◎耳裏を軽く10~15回叩打。




くれぐれもご自愛ください。


このページのトップへ