HOME > ブログ > 今日からできる!冷え症対策

ブログ

< 今週の傾向と対策  |  一覧へ戻る  |  今週の傾向と対策 >

今日からできる!冷え症対策

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。

今日のテーマはこちらです。

「今日からできる冷え症対策」



女性だけでなく、男性にも増えている冷え症。


特に体温の低下で起こる冷え症は、肩こり腰痛、手足のむくみなど、さまざまな不調を引き起こすので要注意。


3つのポイントを抑えておきましょう。


ポイント1:カフェインで体を冷やさない




冷え症を訴える人に多い特徴の一つが飲料水です。


特にカフェインの飲料水を常用する方は、注意が必要です。カフェインは体を冷やす作用がありますので、


コーヒーなどを飲む方は一日1~2杯にしときましょう。



ポイント2:たんぱく質を多く摂取する





冷え症の原因の一つに「代謝の低下」が挙げられます。熱が発生するには、筋肉がエネルギーを消費する過程で熱が産生されます。


そのため、この代謝が低下すると熱の産生が弱まり、冷えを促すことに。



代謝の維持には、たんぱくを多く摂取することがポイントです。


ポイント3:自律神経を整える





冷え症の原因には、「自律神経の乱れ」も関係しています。


体の中の体温調節をする自律神経が乱れると、血流量が悪くなります。自律神経失調症など患者様も冷え症を訴える人が多いです。


湯船にゆったりと浸かり心身をリラックスしましょう。


また、湯ぶねから出る際は冷水シャワーで肩甲骨の下(腎臓あたり)を10~30秒冷やしてから出るのもおすすめです。


腎臓が温まりすぎると、からだの熱を外に出そう末梢血管が拡張します。このため、湯ぶねに浸かったのに足が冷えて眠れない。

などの訴える方は慢性的に腎臓が疲労を起こしてします。



PC,スマホなどは21時以降は使用頻度を控えましょう。PC,スマホによるブルーライトは、脳を覚醒させる弊害がありますので、

なるべく良質な睡眠が取れるように心がけましょう。



■まとめ■



いかがだったでしょうか・・・

今日からできる3つのポイントを抑えて、冷え症にさよならしませんか・・・

< 今週の傾向と対策  |  一覧へ戻る  |  今週の傾向と対策 >

このページのトップへ