HOME > ブログ > アーカイブ > 2019年2月

ブログ 2019年2月

今週の傾向と対策

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。



「今週の傾向と対策」→リンパ系の感染、風邪の流行










今週は全体的に背骨の硬さが目立つ印象です。

リンパ系での感染症が強いため脳(自律神経)が低下していますが、その割には訴える症状は


少ないです。


嘔吐や下痢、気分が悪いなどの風邪も流行しています。


脳(自律神経)を整えましょう。





「対策」


寝る前の手上げ運動を左右5セット

生え際への波動法を20~30回



水分補給をこまめに意識しましょう。





山梨県昭和町から来院しました『自律神経失調症による手足のしびれ、口周辺のしびれ』の症例

 

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです♪

今日は症例報告になります。

山梨県昭和町より来院されました


自律神経失調症による手足のしびれ、口周辺のしびれ」の症例になります。




 



上記の資料は実際に来院の際にお持ちになって下さった症状説明です。



本当に良くなりたい。


原因を知りたい。


本気度が高い患者さまですね。


こちらも真摯に施術をしたくなります。




少し要約させていただきます。


2017年:2月中旬に網膜中心静脈(左目眼底)発症。

3月3日:医大眼科にて治療開始。

同時期に左足趾親指がたまにピリピリとしびれだす。
1ヵ月後位から、しびれが両手指先、両指先、くちびるまわりがしびれだす。

脳に異常があっては危険なので、医大神経内科にて検査
(脳CT.MRI.神経伝達検査.血液検査異常なし)

原因不明。しびれの範囲は少しひろがり、両手両足先、
くちびるまわりに広がっている。

嚙み合わせ、整体に通ったがあまり改善されない。



この患者さまは、わずか4回の施術で7割程度しびれが緩和されました。


どういった考察の下で施術を行ったのか説明させていただきます。


・脳から起きる危険性が高い症例ではないこと

・しびれは手足とくちびるまわりにあり

・咬合治療による全身バランスの調整も変化なし

・骨格調整による整体も効果なし


まずは発症からの経緯が重要です。



この患者さまは眼底出血後から症状が出始めたと訴えています。


そうなると、骨格による構造的な問題から起きるしびれでは

ないと示唆します。
(仕事による負担をかける要素がないことが前提として)


咬合変位。


これも構造的な骨の問題を整える(特に頸椎2番目の変位を治す)目的として
アプローチしていますが、メジャーな問題ではないようです。


ではどう見立てをたてるか?


やはり内臓からの症状を疑います。


網膜中心静脈閉塞症(眼底出血)=血管系に負担がかかっている


心臓系、肝臓系に負担をかける問題があるのではないかと


見立てを立てることができます。



家系で心臓系に悪い方はいない様子でしたが、仕事と介護の
両立で心労あり➡心臓系に負担をかける


嗜好品がアルコール。


毎晩他院していて、量が減らない。

➡肝臓系に負担をかける


アルコールを多飲することで体内ビタミン群
が不足傾向になります。



その結果、脚気、むくみ、手足のしびれ、口角炎などの症状が出やすくなります。


施術内容は2つです。

1:脳(自律神経)の調整
2:栄養管理の指導


この2点のみで症状は劇的に回復しました。



見立てをたてる‼


とても重要であることを再認識した症例でした。












 


勝沼のバスケットボール選手♪♪ 手首の調整でオスグッドを克服‼

 

こんにちは!
山梨県中央市の
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです♪

今日は症例報告です(^^♪

勝沼から来院しましたバスケットボール選手♪

手首の調整でオスグッドを克服‼



 

 



先日来院しました11歳の男子。


プレー中は動けるが練習後は痛みが出て膝が曲げれない‼


アイシング、ストレッチでセルフケアを行っているが、痛みをコントロールしているだけ(>_<)


爽やかなスポーツマンで好青年です。



2週間後に大事な試合が控えるとのことでSOS‼


そんな子が学校の先生から紹介されたりします。


○○先生、いつもありがとうございます。



今回の選手で一番の原因と思われたのは「手首」でした。



オスグッドなのにどうして手首なのか・・・?


これには東洋医学的な
経絡調整(けいらく)がキーポイントになります。


手首にもさまざまな経絡の流れを沿ったツボが存在します。


今回の選手は心包経(心臓に関する経絡)の経絡バランスを崩したことで下肢に負担


をかけていたようです( ゚Д゚)


オスグッドが発生した原因


心包経の疲労➡オーバートレーニングで心臓系に疲労をかけていたため




手首から肩甲骨にかけての筋膜のこわばりが発生



姿勢が乱れ、重心バランスが変化




下肢に痛みが発生‼



練習も相当ハードトレーニングだったようです。


手首の調整を行い、しゃがむ動作やジャンプ動作をしてもらい動きをチェック。



痛みは10➡3に軽減されました。(^^♪


自宅ケアを教え、施術2回で卒業できるように指導しました。。



カラダがどうあるべき姿が理想であるか・・・


負担をかけていた原因は何か・・・


追求すればすぐに結果が出ます。


アイシングやストレッチ、


整骨院で電気、マッサージなどでは対処療法に過ぎません。

 







当院のオスグッド専門施術は施術期間中もプレーを休ませることがありません。



どうしてか・・・


オスグッドは成長痛ではないからです‼


人間が成長していく段階で痛みが起きること自体がそもそもあり得ません。


選手達の重心バランスや筋膜の歪みを整えることが出来れば、早期に復帰できます。




選手として成長できる期間は限られています。


どこに行っても改善しない・・・(>_<)


是非ともご相談ください。










「オスグッド病」お母さんでも改善できるんです‼

 

こんにちは!
山梨県中央市の
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです♪

今日のテーマこちらです♪

『「オスグッド病」お母さんでも改善できるんです‼』




 

 



先日来院しました12歳の女の子。

スポーツはサッカーをやっていまして最近膝が痛くて練習を休みがち。

 

整形外科にて『オスグッド』と診断されたそうです‼

     
練習を中止してください。


と指導されたようで、練習を休んでいましたがなかなか痛みが引かない( ゚Д゚)



当院のホームページをみて身延町から来院していただました♪♪



オスグッドは3~4回で早期復帰できますが、

さすがに遠方からの通院はご面倒ですよね~~。



他県からや山梨県の遠方から来院してオスグッドをみてほしいと来院されるケースでは、

お母さんにも
施術家になっていただきます‼



お母さん:『本当に私でも改善できるのですか??』



私:『はい。その場で
お母さんが改善させることができます♪』




ただし、カラダのゆがみ、筋膜のゆがみ、重心の乱れなどはチェックさせていただきます。


そのもとでお母さんに施術をしていただきます。



このお母さんも教えた通りに実践していただき1回の施術で終了です‼



ちなみに、

意外と身近にあるものを使用してその場で良くなったりするんですよね。






身近なもの⁉


100均で売ってますよ~~(笑)






当院のオスグッド専門施術は施術期間中もプレーを休ませることがありません。



どうしてか・・・


オスグッドは成長痛ではないからです‼


人間が成長していく段階で痛みが起きること自体がそもそもあり得ません。


選手達の重心バランスや筋膜の歪みを整えることが出来れば、早期に復帰できます。




選手として成長できる期間は限られています。


どこに行っても改善しない・・・(>_<)


是非ともご相談ください。










1

« 2019年1月 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ