HOME > ブログ > 健康コラム > 梅雨時期に体調を悪化させない習慣

ブログ

< 今週の傾向と対策  |  一覧へ戻る  |  今週の傾向と対策 >

梅雨時期に体調を悪化させない習慣

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。


今日のテーマこちらです。


梅雨時期に体調を悪化させない習慣










五月中旬より、陽気変動が激しく患者さまの容態もよくありません。


昔から五月病と言われるこのシーズンは、


・朝からボーっとする
・まぶたが重い
・やる気が起きない
・一日中眠い
腰痛肩こりがいつも以上に気になる


といったトラブルが増えるシーズンです。




この原因として挙げられるのが自律神経の乱れです。



陽気の変動が激しくなることで、脳(自律神経)は体内のシステムを一定に保つ



作業を多くしなければなりません。



4月に比べて気温差、気圧差の変動が激しくなると体内の体液循環(血液、リンパ液、脳脊髄液)

も変動します。




この変動回数が多くなると、負担をかける臓器が腎臓です。




腎臓は、体内の老廃物が除去する役目や血圧をコントロールする仕事も

行います。



腎臓が疲労すると、体内の中に老廃物が溜り、全身の疲労感ややる気が起きないなどの

症状を訴えるのです。(>_<)


腎臓は筋膜によって吊下げられた臓器ですので、腰周りの筋肉にも影響を与え、

ぎっくり腰腰痛も起こりやすくなります。



誰しもがこの時期に体調管理を怠ると、五月病から六月病へとリスクが高まります。



■予防■


①睡眠時間を増やす



身体を休息するために必要なことは睡眠です‼


いつも以上に睡眠時間を確保するようにしましょう。


②糖分を摂取する

「カラダがだるい」「朝からボーっとする」

いつも以上に疲れを感じると、どうしても糖分を欲しがります。


糖分を摂取する際は、はちみつや黒糖といったエネルギーに素早く


変換されやすい糖分を摂取するように心がけてください。



③運動量を控える



身体の不調が出やすいシーズンですので、負担のかかる運動は禁物です。



■まとめ■



もうすぐ、梅雨入りです。


くれぐれもご自愛ください。



カテゴリ:

< 今週の傾向と対策  |  一覧へ戻る  |  今週の傾向と対策 >

同じカテゴリの記事

花粉症を悪化させない習慣

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。


今日のテーマこちらです。


花粉症







大分、春らしい暖かな日が続くようになりました。


私自身も3月から自転車通勤にシフトしました(^^♪



しかし、冬から春に差し掛かる3月は特に不調を訴えやすい時期でもあります。


特に、毎年花粉症で悩む人は辛いシーズンでもあります。


今日は、「花粉症を悪化させない習慣」をコラムします(^^♪




■花粉症の要因■


①アレルギー反応

②免疫力低下

③肝臓機能低下






花粉症というと、アレルギー疾患だけが原因として挙げられる傾向がありますが、

上記の3つの要因が重なると発症しやすくなります。



冬場、花粉症だけでなく風邪の影響で鼻水や目のかゆみは起こります。


免疫力が低下し、風邪シーズンを越えても体力が回復せず、



春先を迎えてしまうとカラダに負担がかかるのです。




体内ではウイルスの排除などを含め、代謝が冬場よりも高まります。


代謝が高くなると、血流量も早くなり、解毒作用を行う肝臓や老廃物を排除する腎臓など


にも影響を与えます。



言い換えれば、毎年花粉で悩む人は、もともと肝臓や腎臓が弱い体質でもあります。








■悪化させない習慣■



以上の3つの要因が重なることで花粉症が起きやすくなります。


3つの要因を対策する生活習慣を身につけましょう♪






◇睡眠の質を高める


免疫力が低下しないようにしっかりと睡眠時間が必要になります。


冬場の毛布や厚手の布団で朝方に、布団からはだけている方は、


薄手の布団などに変更しましょう。


睡眠時の体温上昇は、自律神経系に負担を与えます。




◇水分量


冬場より意識して水分補給をしましょう。


お茶やコーヒーではなく、

ミネラルウォーターなどを摂取するようにしましょう。


◇長すぎる睡眠は禁物


睡眠時間は長ければ、いいと言うわけではありません。


睡眠中は同一姿勢が多くなりますので、脳(自律神経)にも負担をかけます。


週末に長く睡眠時間を確認するような方は注意しましょう。




◇耳マッサージ




首周りの血流量も上げる方法として、耳マッサージが効果的です。


左右を引っ張り、20秒ほど引っ張った状態でキープしてください。


毎日朝、昼、晩1回をやってみましょう。




◇アルコールは控える



ストレス発散でアルコールを嗜む方も多いと思います。


しかし、血管拡張作用があり鼻詰まりや目の充血なども起こりやすくなります。


アルコールの分解は、肝臓で行われますので、



なるべくアルコール量は控える習慣


を身につけましょう。





■まとめ■


薬の量が増えてしまっている・・・

朝からボーっとする・・・



免疫力が低下しているサインです((+_+))


是非とも、免疫力を高める習慣にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。。



季節の変わり目でカラダに不調をきたす理由・・・

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。


今日のテーマこちらです。


季節の変わり目でカラダに不調をきたす理由・・・



40代女性が首や肩こりが辛く、肩をおさえている画像になります



大分、春らしい暖かな日が続くようになりました。


私自身も3月から自転車通勤にシフトしました(^^♪



しかし、冬から春に差し掛かる3月は特に不調を訴えやすい時期でもあります。


今回は、春先に起こりやすい症状のメカニズムをコラムします。




■春先に起こりやすい不調■


①寝つけない

②朝起きられない

③体がだるい(一日中ボーっとする)

頭痛

➄ギックリ腰






目がかすむ、寝違え等を訴える人が多くなります。

春先は、昼夜の寒暖差が目立ち、寒い日の翌日が暖かい日になることも多々あります。


このような外気温の変化は体内にストレスを与えます。


皆さん、ホメオスタシスとう言葉はご存知でしょうか・・・


人間のカラダは常に体内環境を一定に保つようなしくみがあります。


これをホメオスタシス(恒常性の維持)と呼びます。



気温の変化だけでなく、血圧や血液Ph、病原菌・ウイルスの排除といった生体機能全般を



常に一定に働くように脳(自律神経)が司令塔となり行われます。


脳(自律神経)は気温の変化が頻繁に起こることで、疲労を起こします。


脳が疲労困憊になると、全身の組織・器官の代謝機能が低下します。( ゚Д゚)


老廃物が体内で増え、細菌の増殖、炎症なども起こり、


脳自体の血液量も少なくなります。



では、春先に起こりやすい症状を1つ1つ確認していきましょう。




①寝つけない


脳に血流量が不足すると、頭蓋内圧が上昇し、交感神経(自律神経)が緊張することで


寝つけない症状になります。





②朝起きられない


代謝があがることで、体内の老廃物が増えます。


腎臓に負担がかかると、カラダのだるさや朝起きられない症状を訴えます。




③体がだるい(一日中ボーっとする)

脳(自律神経)が疲労することで、頭がボーっとする、集中力低下などが出ます。




頭痛

脳が疲労するとリンパ系にも影響を与えます。

リンパ系の反射筋である僧帽筋や肩こりなどの筋緊張を起こし、

筋緊張頭痛を起こします。





➄ギックリ腰


代謝の影響で腎臓に負担がかかります。


腎臓周辺の筋・筋膜にも負担がかかり、ぎっくり腰を起こしやすくなります。





■予防法■



やはり、外気温などの影響から脳(自律神経)が一番ストレスにさらされます。


自律神経を整える生活習慣を覚えましょう。



◇睡眠の質


冬場の毛布や厚手の布団で朝方に、布団からはだけている方は、


薄手の布団などに変更しましょう。


睡眠時の体温上昇は、自律神経系に負担を与えます。




◇水分量


冬場より意識して水分補給をしましょう。



◇長すぎる睡眠は禁物


睡眠時間は長ければ、いいと言うわけではありません。


睡眠中は同一姿勢が多くなりますので、脳(自律神経)にも負担をかけます。


週末に長く睡眠時間を確認するような方は注意しましょう。




◇耳マッサージ



こめかみの筋膜を緩める方法として、耳マッサージが効果的です。


左右を引っ張り、20秒ほど引っ張った状態でキープしてください。


毎日朝、昼、晩1回をやってみましょう。


■まとめ■


いかがでしょうか・・・


春先に不調で悩む人は、是非ともセルフ予防法を行ってみましょう。

世界が注目!はり・きゅう治療

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。

今日のコラムはこちらです!

「世界が注目!はり・きゅう治療」



7月20日の日本経済新聞にも鍼灸治療記事が掲載されていました。


海外では、日本のはり・きゅうへの関心が高まり、世界保健機関(WHO)でもはり・きゅうを含む東洋医学の考え方による

新たな病気の分類手法を検討している模様です。


日本の伝統医学でありますが、よく知られていないことも多く、どのような治療で、どんな患者様に向いているか紹介

したいと思います。!(^^)!


■はり・きゅう治療の効果があるとされる症状や疾患■

☑神経痛など神経系疾患
膝痛腰痛頭痛、五十肩、リウマチなど運動器疾患
☑高血圧症など循環器系疾患
☑喘息など呼吸器疾患
☑胃腸など消化器系疾患
☑糖尿病など代謝内分泌系疾患
更年期障害、月経不順など婦人科系疾患
☑めまい、耳鳴りなど耳鼻咽喉科系疾患
☑小児神経症



症状や疾患に問わず、様々な面で身体の免疫システムを高める科学的な効果の解明も進みつつあります。


東京都健康長寿医療センターでは、「筋肉に、はり刺激などを与えると心拍数や血圧を整える効果があると

動物実験で確かめられている」と研究発表しております。


人を対象とした臨床研究も徐々に実施され、頻尿症の改善効果なども認められるようになってきています。


■どのような治療なのか■


鍼灸治療は、直径0.12~0.18ミリのステンレス製のはりを皮下に刺します。使い捨てのはりになりますので、

感染症などはありません。


針治療は、自律神経機能(脳)に働きかけ、血流改善、リンパ系の促進、鎮痛システムなどに指令を促し、免疫システムを活性化

させる効果が期待できます。


また、よもぎで精製されたお灸などを使用し、温熱刺激を加えるとで代謝を高めることできます。


特にもぐさの有効成分として注目したいのがシネオールという精油成分です。


よもぎのほかユーカリにも含まれるもので、強力な消毒・殺菌・鎮静・鎮痛作用などがあります。



◆まとめ◆

数値や画像で身体の状態を捉える検査や、化学物質で作られる西洋薬などで多くの病気が早期に発見され、治療できるようになりました。

一方で、検査や画像では異常が現れないケースや薬の投薬で副作用が出てしまうケースもあります。

このようなケースが近年増え続けている傾向が世界的にも多く、東洋医学が再認識されています。

東洋医学が得意とする身体の調和を整える健康支援が皆さんの生活に広まっていくことを願い、日々精進していきたいと思います。





「横隔膜呼吸」で軸を整える

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。

「横隔膜呼吸」で軸を整える!

前回投稿しました横隔膜呼吸の正しいやり方を伝授いたします。!(^^)!


まずは復習です♪

■横隔膜の重要性■



1、呼吸を行う最重要筋肉である
2、呼吸が小さくなると酸素供給低下➡コリ、痛みの発生
3、からだの軸が安定し、姿勢が整う
4、全身の血流量があがると代謝もあがる

★横隔膜呼吸は胸とお腹に分けて練習してみて下さい★

■胸を意識した呼吸■


丸めたバスタオルやストレッチポールなどを背中の下に入れ、ゆっくり呼吸します。

①両膝を立てた状態で、胸の上のほうに手を当て、息を吸ったときに胸が持ち上がるイメージで息を鼻から吸います。

②吐くときはゆっくりとしたリズムで口から吐き切りましょう。

③「吸う・吐く」を10回繰り返して行います。



■お腹を意識した呼吸■



丸めたバスタオルやストレッチポールなどを背中の下に入れ、ゆっくり呼吸します。

①両膝を立てた状態で、息を吸ったときにわき腹が広がるイメージで息を鼻から吸います。

②吐くときはゆっくりとしたリズムで口から吐き切りましょう。

③「吸う・吐く」を10回繰り返して行います。



いつ行うのがベストなのか・・・?


朝でも、昼でも、夜でも構いません。オススメは朝晩2回です。

毎日続けて行うことが大事になりますので、1日1分でも全然大丈夫です!(^^)!

しっかりと横隔膜を使った呼吸ができるようになると、姿勢が良くなり、肩こりの不調も整っていきます。

ぜひ、やってみて下さい♪








横隔膜呼吸で"やせ体質"になる

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。

「横隔膜呼吸でやせ体質になる!」

今日は呼吸に関するコラムを記載いたします。

ご興味ありましたら、お読み下さい!(^^)!



なかなか運動を続けているのに、瘦せられない人は、きちんと呼吸ができていないかもしれません。

そもそも呼吸をするという行為は、色々な筋肉が使われています。

もっとも重要な筋肉は横隔膜です。


上の図で赤色で示しているのが、横隔膜の動きになります。


正しい呼吸をすると、きちんと横隔膜が上下し、それに伴って胸もふくらみ、お腹の筋肉も動きます。


■息を吸う■

息を吸うと肺の中の空気が送り込まれる。その結果、肺がふくらみ横隔膜が下がる。



■息を吐く■

息を吐くと肺の空気が外に出る。その結果、肺のふくらみは小さくなり横隔膜が上がる。



■呼吸をするときに使われている筋肉■

☑横隔膜
☑胸鎖乳突筋
☑外肋間筋
☑内肋間筋
☑斜角筋
☑外腹斜筋
☑腹直筋
☑内腹斜筋
☑腹横筋
☑僧帽筋
☑脊柱起立筋




これらの筋肉も呼吸をする際に必要な働きをする筋肉です。

また呼吸に使われる筋肉は姿勢筋とも呼ばれ、


呼吸がうまくできていないと、姿勢のバランスも悪いということになります。



呼吸は1日に約2万回ほど行われています。



無意識のうちに、これらの筋群が筋収縮を生み出していることになります。


つまり、呼吸がしっかりと正しくできるだけで、こんなにたくさんの筋肉を使っていることになるのです。


■ウエストにくびれをつくる■





横隔膜を上手に使った呼吸ができるようになるとインナーマッスルが活発的にうごくようになります。


呼吸をするたびにそれらの筋肉が使われ、腹部が締まることによって、
くびれのようなしなやかなラインが作れるようになります。



■まとめ■


呼吸を意識的にするだけで、からだはみるみるうちに変わっていきます。

次号で横隔膜呼吸の仕方を伝授します!


お楽しみに♪



このページのトップへ