HOME > ブログ > アーカイブ > 健康コラム: 2018年5月

ブログ 健康コラム: 2018年5月

梅雨時期に体調を悪化させない習慣

こんにちは!
あかぬま鍼灸治療院のアカヌマです。


今日のテーマこちらです。


梅雨時期に体調を悪化させない習慣










五月中旬より、陽気変動が激しく患者さまの容態もよくありません。


昔から五月病と言われるこのシーズンは、


・朝からボーっとする
・まぶたが重い
・やる気が起きない
・一日中眠い
腰痛肩こりがいつも以上に気になる


といったトラブルが増えるシーズンです。




この原因として挙げられるのが自律神経の乱れです。



陽気の変動が激しくなることで、脳(自律神経)は体内のシステムを一定に保つ



作業を多くしなければなりません。



4月に比べて気温差、気圧差の変動が激しくなると体内の体液循環(血液、リンパ液、脳脊髄液)

も変動します。




この変動回数が多くなると、負担をかける臓器が腎臓です。




腎臓は、体内の老廃物が除去する役目や血圧をコントロールする仕事も

行います。



腎臓が疲労すると、体内の中に老廃物が溜り、全身の疲労感ややる気が起きないなどの

症状を訴えるのです。(>_<)


腎臓は筋膜によって吊下げられた臓器ですので、腰周りの筋肉にも影響を与え、

ぎっくり腰腰痛も起こりやすくなります。



誰しもがこの時期に体調管理を怠ると、五月病から六月病へとリスクが高まります。



■予防■


①睡眠時間を増やす



身体を休息するために必要なことは睡眠です‼


いつも以上に睡眠時間を確保するようにしましょう。


②糖分を摂取する

「カラダがだるい」「朝からボーっとする」

いつも以上に疲れを感じると、どうしても糖分を欲しがります。


糖分を摂取する際は、はちみつや黒糖といったエネルギーに素早く


変換されやすい糖分を摂取するように心がけてください。



③運動量を控える



身体の不調が出やすいシーズンですので、負担のかかる運動は禁物です。



■まとめ■



もうすぐ、梅雨入りです。


くれぐれもご自愛ください。



1

« 健康コラム: 2018年3月 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ