HOME > 症状別お悩み相談 > 坐骨神経痛

症状別お悩み相談

< 鍼灸  |  一覧へ戻る  |  ぎっくり腰 >

坐骨神経痛

1つでも当てはまれば「坐骨神経痛」の疑いあり!
  • 腰、太もも、ふくらはぎに痛みやしびれがある
  • お尻の周辺がいつも冷えている
  • 生活に支障はないが、足の指やすねにしびれがある
  • 足首や脚に力が入れにくくなる
  • 長時間のデスクワークでお尻や太ももがつれるような痛みがある
  • 車の運転がつらい

「坐骨神経痛」のメカニズムと真犯人!

坐骨神経痛とは

坐骨神経とは腰からお尻を通って足先に走る神経のことで主にお尻の後面から膝裏を通り、膝裏で脛骨神経(けいこつしんけい)と総腓骨神経(そうひこつしんけい)の2つの枝に分かれる人体で一番太い神経になります。坐骨神経痛とは、この神経が何らかの原因で障害され、腰や脚に痛みやしびれが出ている状態を坐骨神経痛と呼びます。

坐骨神経痛の原因とされるものに大きく3つあります。①椎間板ヘルニア、②脊柱管狭窄症、③梨状筋症候群、といわれる診断名のもと、病院などで薬物療法や神経ブロック注射、腰牽引、リハビリテーションを受けた方々がたくさんいらっしゃると思います。

こんなこと言われてあきらめていませんか・・・?

  • 病院で坐骨神経痛と診断された
  • 痛み止めの量が増えてきている
  • 脚のすねがしびれる
  • 車の乗り降りがつらい
  • 長時間立ち仕事ができない

坐骨神経痛の真犯人!

近年の疼痛医療分野の研究では、神経の圧迫やヘルニア症状で痛みが出ているという考えは否定され、新たに「筋:筋膜性疼痛MPS」とう概念が広まっています。

簡単に説明しますと、痛みの原因は神経根やヘルニアの圧迫から誘発されるものではなく、筋:筋膜の障害から痛みやしびれがでているケースがほとんどということです。

筋膜は血管や神経の通り道にもなっており、様々な刺激を感知する感覚神経が多数存在しています。筋膜が固くなると神経を圧迫して血流を滞らせ、酸欠になった組織から発痛物質が発生します。それが痛みの原因になります。この筋:筋膜の障害こそ坐骨神経痛の真犯人なのです。

あかぬま鍼灸治療院だからできる筋膜のprofessionalによるアプローチ

特徴1 トリガーポイント鍼治療

ここ最近、トリガーポイント(Trigger point)注射を行うペインクリニックや整形外科が増えています。 トリガーとは、ピストルの「引き金」に由来し、痛みを発痛させる場所をトリガーポイントと呼びます。 この手法は、局所麻酔薬を筋肉注射し、神経ブロック注射に比べ、患者の負担が少ないとされます。 しかし、筋肉内に局所麻酔薬を注入させることは、筋肉の性質を変化させるため、組織学的に望ましくないとの見解も出てきました。

そこで、トリガーポイント(Trigger point)治療の先進国アメリカでは、麻酔薬を使用しないドライニードリングを用いられています。ドライニードリングとは、東洋医学で使用される鍼のことを指します。 麻酔薬に比べて、組織の損傷が少なく、薬剤副作用もないことから欧米では日々研究が進められています。

当院で行うトリガーポイント鍼療法は、患者様の筋・筋膜に存在する過敏化されている筋(トリガーポイント)にはり、 マッサージ、マッサージツールで刺激を加え、筋・筋膜に存在する受容器の感作(かんさ)を脱感作(だつかんさ)することを 目的としています。脱感作とは、過敏化している筋の受容器を正常な状態に戻し、 血流改善や神経伝達系の確保を図ることを意味します。筋肉等の深部組織は痛みを感じるセンサーが少ないことから、 脳が真の痛みの箇所を誤認する事が多数あります。そのため、日常動作で痛みを感じる動きや姿勢、反復動作などを細かく分析し、効果的な刺激を加えていきます。

当院のトリガーポイント鍼療法のイメージ
当店
他店

Stage1:筋硬結
日常生活による反復動作や同じ姿勢によりできた筋肉のこりほとんど休息により回復する

Stage2:トリガーポイント
Stage1:では回復できない筋肉の持続的な緊張。安静時では、症状は出ないが動作や持続な圧迫で痛みを感じる。筋肉にマッサージや鍼刺激が加わると、「イタ気持ちいい」「ズーンとする」などの特有の認知覚あり。

Stage3:活動トリガーポイント
痛みの発生源となるポイント。過敏化することで、痛み、しびれ、知覚鈍麻、冷感などを生じる。慢性的な苦痛を生じる。

特に運動器の痛みは、表層部よりも深部にある筋膜や腱、靭帯などに存在する受容器が発痛するので、 本人が「このあたり!」と思っていても、本当に痛みを発しているところは深部にあるケースがほとんどになります。当院では、痛みの根源と言われる 活動トリガーポイントに効果的な刺激を加え、 症状改善を図ります。

坐骨神経痛に関連するトリガーポイントができやすい筋

大腰筋 Psoas major

【隠れたいたずら者】と呼ばれるくらいに、腰痛坐骨神経痛の原因となる筋です。トリガーポイントが活性化することによって"前かがみ姿勢がつらい" "寝起きがつらい" "鼠径部がつまる感じ"などあらゆる動作に支障を起こします。

中殿筋 Gluteus medius

腰痛筋】と呼ばれるくらいに、腰痛になると必ず悪くなっている筋肉です。トリガーポイントが活性化すると"骨盤周辺の痛み" "太ももからふくらはぎの痛み"と遠くに痛みを放散させるのも特徴です。

梨状筋 Piriformis

【梨状筋症候群】トリガーポイントが活性化することによって"ハムストリングスから腓腹筋の痛み""足底のしびれ"などの神経性の症状を誘発させる筋肉です。仙腸関節障害を引き起こすこともあります。

特徴2 筋膜リリース治療

筋膜リリースとは、筋肉を包みこむ筋膜のゆがみや癒着を引きはがし、柔軟性を高めることで血液循環の促進、痛みの改善を図る治療です。 筋膜リリースに用いる専門ツールを使い、癒着の起きている筋膜や関節の可動域を制限している箇所にマッサージしていきます。

特徴3 リハビリテーション

整形外科での勤務経験より、患者様の状態にあわせて適切なリハビリテーションを指導します。

当院における坐骨神経痛に対する考え

  • 筋・筋膜のゆがみや硬直(トリガーポイント)
  • 足まわりの筋、筋膜の硬直(トリガーポイント)
  • 股関節の動きの制限
  • ストレスによる交感神経の亢進
  • 股関節深層筋のトリガーポイント
  • 慢性疲労による腎機能低下

などが原因と考えます。
とくに、筋:筋膜治療の際に指標となる部位が「トリガーポイント」と言われ、トリガーポイントに刺激が入ると、「痛いけど気持ちいい」「ズーンと響く」「足先まで響く」といった認知症状が特徴です。

ポイント

長年、痛みに苦しんでいる方々は、腰、お尻、脚にトリガーポイントが多数存在し、この部位を的確にやっつける必要があります。
従来の構造的な骨の老化や骨盤のゆがみを整える整体だけの治療では、一時的に症状がラクになっても、長期維持することは困難と思われます。

また、過度の疲労・暴飲暴食・喫煙等体にストレスを与え続ける生活習慣も回復力を低下させます。

当院にて全体の筋膜のゆがみをチェックして快適な生活が送れるようにしていきましょう。その痛み・しびれ、あきらめないでください!


< 鍼灸  |  一覧へ戻る  |  ぎっくり腰 >

このページのトップへ