HOME > 症状別お悩み相談 > シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)

症状別お悩み相談

< 足底筋膜炎  |  一覧へ戻る  |  ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎) >

シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)

こんなお悩みありませんか?

疲労骨折の疑いがあると整形外科で言われた

レントゲン画像で骨に炎症があると言われた
シンスプリントの治療に週3回通院しているが改善しない
練習を中止しているため、レギュラーから外れた
大事な大会を控えている

 

 

長引くシンスプリント
あかぬま鍼灸治療院で解決しませんか

当院では、シンスプリントによる痛みの箇所だけでなく、筋膜のバランスを調整することで、
早期改善を図る期待ができます。


あかぬま鍼灸治療院だからできる
筋膜の professional によるアプローチ

特徴1 トリガーポイント鍼治療


当院で行うトリガーポイント療法は、患者様の筋・筋膜に存在する過敏化されている筋(トリガーポイント)にはり、 マッサージ、マッサージツールで刺激を加え、筋・筋膜に存在する受容器の感作(かんさ)を脱感作(だつかんさ)することを 目的としています。


脱感作とは、過敏化している筋の受容器を正常な状態に戻し、 血流改善や神経伝達系の確保を図ることを意味します。


筋肉等の深部組織は痛みを感じるセンサーが少ないことから、 脳が真の痛みの箇所を誤認する事が多数あります。


そのため、日常動作で痛みを感じる動きや姿勢、反復動作などを細かく分析し、効果的な刺激を加えていきます。

 

当院のトリガーポイント療法のイメージ
 
 

Stage1:筋硬結

日常生活による反復動作や同じ姿勢によりできた筋肉のこりほとんど休息により回復する

Stage2:トリガーポイント

Stage1:では回復できない筋肉の持続的な緊張。安静時では、症状は出ないが動作や持続な圧迫で痛みを感じる。筋肉にマッサージや鍼刺激が加わると、「イタ気持ちいい」「ズーンとする」などの特有の認知覚あり。

Stage3:活動トリガーポイント

痛みの発生源となるポイント。過敏化することで、痛み、しびれ、知覚鈍麻、冷感などを生じる。慢性的な苦痛を生じる。

 

どうして脛骨に負担が出てしまうのか?

 

アイシングや電気治療、ふくらはぎストレッチなどの治療手段しかなく、


成長期だから・・・


「痛いときはアイシングして!」


「無理をすると疲労骨折になるよ!」


などと、整形外科や整骨院で言われた覚えがあるのではないでしょうか・・・


では、どうしてシンスプリントになる子と


シンスプリントにならない子がいるのでしょうか・・


同じ成長期で

同じスポーツをし、

同じ動きをしているのに。。。



そこを特定しないと、選手としてレベルアップできる時間を

無駄に過ごすことになります。


原因は必ずあります!!


当院では、しっかりと痛みの原因を特定し、正しいカラダの使い方を指導いたします。

 

シンスプリントと疲労骨折の違い?

シンスプリントの症状は、疲労骨折が疑われることもあります。


シンスプリントの場合、痛みをコントロールしながらプレーが可能ですが、

疲労骨折が疑われたケースでは、3週間~4週間ほどの休養が必要になります。

ではどのようにシンスプリントと疲労骨折の鑑別をするのでしょうか?
 

初期段階では鑑別診断が難しい


結論から言いますと、


シンスプリントと疲労骨折の鑑別診断は初期段階のレントゲン画像では判別できません。


選手達は必死になってドクターショッピングをしますが、

こっちの整形外科では「シンスプリントですね!」

と診断され、


4週間後に痛みが改善しないから、別の整形外科に受診し、


「疲労骨折ですね!」と診断されるケースによく遭遇します。



このようなケースは、選手達にも原因があります。


それは、練習を休まず続けていることです!


脛骨疲労骨折が疑われ場合、レントゲン画像に骨折線や骨膜反応、


仮骨形成が認められるようになります。


骨膜のレントゲン所見は、シンスプリント症状が出始めてから4週間前後のため、


タイムラグがあります。



ですので、初期段階では特定が難しく、誤診したかのように思ってしまうわけです。


 

目的は一つ。パフォーマンスを落とさず試合に臨むこと
- 他院 当院
物理療法(電気、超音波) する しない
ストレッチ する しない
テーピング、サポーター する しない
マッサージなど する しない
スポーツ 禁止 大丈夫(次の日からOK)
期間 曖昧(わからない) 明確
 
回数 曖昧(回数がかかる、わからない) 3~5回程度
セルフ 難しい、やる事が多い 超簡単(2つのみ)
パフォーマンス 練習を休むのでパフォーマンスが落ちる
レギュラーから外される
次の日からほぼ練習OKなのでパフォーマンスが落ちない
レギュラーから外される心配がない!




シンスプリントの3大ポイント

足関節×股関節×筋膜

「脛骨に負担をかけない」

当院のシンスプリントに対する施術は、足部の運動評価を重要にしています。

しっかりと地面から足関節~すね~膝~股関節のラインに乱れがないか・・

足首の動きに乱れがないか・・・

細かく運動評価を行います。

地面と接地する足部の安定性が高まることで、自然とシンスプリントへのストレスが軽減されます。

 

2つ目が「股関節」です。

股関節は、あらゆる動作で運動軸になります。


特にシンスプリント症状において、膝が内側に入ってしまうKnee in・toe out
(ニーイン・トゥーアウト)の原因にも股関節が関係しています。

Knee in・toeoutとは・・・

立った状態で膝(knee)が内側(in)に傾き、つま先(toe)が外側に傾く現象を意味します。

膝が内側に傾くことで、体重が内側に入りやすい状態が続き、

膝やシンスプリントに障害を生じます。

症状のある部位だけでなく、カラダの使い方をしっかりと再教育しないと

シンスプリントの症状は解決しません!

 

3つ目が「筋膜」です。

筋膜は人間の身体を包み込む膜で、筋膜の一つ「深筋膜」は、つま先から頭のてっぺんまで覆っていることから「全身のボディスーツ」と呼ばれています。

タイツのように適度に柔らかく伸縮性があり、この柔軟性がとても大切です。実はこの筋膜は、「第二の骨格」として重要視されています。

選手達は、常に同じ練習やスポーツをしていますので、

筋膜に偏りが出やすくなります。

 

筋膜のゆがみを整えることで、
左右差アンバランスや骨格・骨盤・背骨の
ゆがみとねじれを改善させます。

当院では、患者様一人一人のゆがみや
股関節調整、トリガーポイント鍼灸で、

脛骨に負担をかけないカラダ」を
取り戻します。


当院で施術を受けられた患者様は、こんなふうに元気な生活を手に入れています。

ジュニアオリンピック大会に出場できた
レギュラーに復帰できた
部活中も痛みがなくプレーできる
 

選手としてしっかりと休むことは、もちろん大事です。

しかし、選手として成長できる時間は限られています。

なかなか、復帰ができない!
痛みでコンディションニングが保てない!

当院で全力でサポートします。

まずはご相談ください!


< 足底筋膜炎  |  一覧へ戻る  |  ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎) >

このページのトップへ