HOME > 悩み続けていた方の喜びの声 > 妊活

悩み続けていた方の喜びの声 妊活

S様 


初来院は約半年前で来院目的は冷え性改善でした。

週2日通院し、足が冷えることもなくぐっすり眠れたことを覚えています。

不妊治療で山梨医大に通院していることもお話すると赤沼先生は親身になって聞いて下さり、



「“妊娠”を考えた時“子宮”のことばかり気にしがちだか“脳”のことを考えることが大切。」と教えていただきました。

また肝臓も疲れていると。20代から数回の顕微授精をしても着床しない焦りや失望、退職し社会から取り残された疎外感、

経済的な不安等のストレス。良いと聞いた漢方やサプリメント等はどんなに高価でも試しました。

次第に量も多くなり…。脳も肝臓も疲れてしまうわけです。

先生には施術以外のアドバイスや自宅でもセルフケアできるよう棒灸を譲っていただき、使い方や施灸ポイントを教わりました。

また体液循環を改善するテープも使用しました。

先生のお力をお借りしながら生活を見直して約2ヶ月、決して良くはない凍結胚を移植。

(移植の数時間前に施術していただきました)初めて着床しましたが、自分の不注意で化学流産してしまいました。

しかし、今までかすりもしなかったのに着床したことは、先生のご尽力の賜物と感謝しています。

今では冷えお通じは改善し、体温も上昇しました。

高コレステロール中性脂肪の数値も標準値に近づきつつあります。

物事も前向きに考えられるようになりました。

今では県内でも不妊治療を謳う治療院が増えてきました。

患者に指1本触れることなく全て機械任せでなおかつ、多額の治療費を請求する治療院、

患者の身体のことを覚えておらず身体の状態を教えてくれることもなく、

患者や自分のプライベートの話しかしない治療院等、様々な治療院を体験しました。

藁にもすがる思いで通う患者の気持ちを無視し、利益だけを考えている治療院は多いと思います。

あかぬま鍼灸治療院は違います。様々な症状で悩み苦しんでいる患者に寄り添い、施術の説明や施術中の声掛けを大切にしてくれます。

決してここに通ってさえいれば良いというわけではなく、自分で身体を整えようと努力することの大切さを教えてくれます。

アットホームな治療院…こころ休まる場所です。

一度、赤沼先生にお会いすれば信頼でき頼もしい味方であることがすぐに分かると思います。

今後とも宜しくお願い致します。


1

このページのトップへ