HOME > 症状別お悩み相談 > 更年期障害

症状別お悩み相談

< 産後骨盤矯正  |  一覧へ戻る  |  自律神経失調症 >

更年期障害

女性では避けて通れない更年期障害は、閉経前後約10年間を指します。 その変化に心身がついていけずに起こる不快症状が更年期症状なのですが、かつては、「気のせい」として片付けられがちでした。卵巣機能が衰えはじめ、女性ホルモンの変調による多岐にわたる症状が特徴です。8割の女性が経験すると言われ、個人差が大きく日常生活に支障が出てしまうケースは40%だと見られています。

こんな症状に心当たりありませんか?

  • 顔面部のほてり(ホットフラッシュ)
  • 異常発汗
  • 肩こり頭痛
  • 皮膚のかゆみ
  • 身体の倦怠感、疲れやすい
  • 頻尿
  • ふらつき
  • めまい
  • 冷え、むくみ
  • 情緒不安定

主な原因は?

卵巣から分泌されている女性ホルモン(エストロゲン)の減少に加え、脳から分泌される卵胞刺激ホルモンのホルモンバランスの乱れが主な要因と言われています。 女性ホルモンの司令塔である脳の視床下部といわれる箇所から、卵巣に向けてホルモン分泌を促す卵胞刺激ホルモンが分泌させようとしますが、卵巣自体がうまく働かないためパニック状態に陥ってしまいます。

ところが視床下部は、様々のホルモン調節をつかさどっているため、視床下部のパニック状態は自律神経に影響を与えます。自律神経は血管の拡張、収縮をコントロールして体温を調節したり、呼吸、内蔵器の働きに関わっているいます。

したがって、視床下部がパニック状態になり、自律神経が乱れると、ほてり・発汗・冷え・動悸・息切れとさまざま症状が起こるのです。

更年期には気の流れが逆行している

東洋医学では更年期障害を腎虚によるものとしてとらえています。 東洋医学の考え方は現代人にはなじみにくいかもしれませんが、簡単に説明すると次のようになります。 建物に例えると、西洋医学は建物本体であり、東洋医学は基礎部分であると考えられます。建物の外壁にヒビが入ったり、傷ができたりする場合に修復するのが西洋医学です。しかし、基礎部分のゆがみや障害があるケースでは、何度も外壁工事をしてもまたヒビが入ってしまいます。

東洋医学では、基礎部分のゆがみや障害を修復し、ヒビの入らない建物にする役目を担います。「気」「血」「津液」という独特の考え方で病気をとらえ、人間の生命活動は五臓六腑によって維持されています。五臓とは、肝、心、脾、肺、腎、六腑とは胆、小腸、胃、大腸、膀胱、三焦のことを指します。

これらは私たち現代人が考える臓器とはちょっと意味が異なります。
しかし、「気」「血」「津液」のバランスが整うために五臓六腑の働きが不可欠になるのです。腎虚とは、五臓(腎)の働きが低下し、「気」の流れが崩れ、気逆が起こりやすい特徴があります。ほてり、のぼせ、発汗、動悸、イライラ、冷えのぼせなどは気逆がもたらす症状です。

西洋医学的診断

ホルモン補充療法(HRT)

少なくなった卵胞ホルモン(エストロゲン)の投与を行います。
更年期症状は女性ホルモンの分泌低下が基盤になって起こる症状ですので、ホルモンを補う治療法は理にかなった治療法と言えます。
HRT療法は、ほてりやのぼせ、発汗に著名な効果が期待できます。
ただし、副作用もありますので、注意が必要です。

  • 乳房のはり
  • 下腹部のはり
  • 性器出血

当院における更年期障害に対する考え

当院では、更年期障害による不定症状のタイプを大きく二つに分け、さらに普段の生活環境や体質を入念なカウンセリングを行い、身体の状態を見極めます。

タイプ①:顔面のほてり、手足のほてり、イライラ、めまい、耳鳴り、便秘、腰や膝がだるい、口が乾くなどの症状が多く当てはまるタイプ。
タイプ②:気力が湧かない、顔色に艶がない、冷えやむくみがある、立っているのもしんどい。便もゆるみがち、食欲も湧かないなどの症状が多く当てはまるタイプ。

ポイント

自律神経の機能を高める整体や鍼灸治療を行います。
特に重度のケースでは、婦人科での診察や漢方薬などの服用を視野にいれ、専門医のアドバイスを必要とします。

更年期障害は、自律神経機能の衰えや生活環境の変化などによって引き起こされるケースがほとんどです。あかぬま鍼灸治療院では、患者様に次のライフステージに向けて身体の状態を把握する機会として捉え、鍼灸、整体治療をおすすめしております。

次のライフステージの準備できていますか?

「ささいなことでイライラしなくなった」
「熟睡できる」
「外出頻度が増えた」


からだが変わらないと行動も変わらず結果も変わりません。 からだは気づきがないと変わりません。 深い気付きがあるとからだが変わります。 からだが変わると行動が変わります。 行動が変わると結果が変わります。 つまり深い気付きが未来を変えるということです。 からだが変われば、笑顔が増えます。あなたの健康を一緒に守っていきましょう。


< 産後骨盤矯正  |  一覧へ戻る  |  自律神経失調症 >

このページのトップへ