HOME > 症状別お悩み相談 > 頭痛

症状別お悩み相談

< 膝痛  |  一覧へ戻る  |  冷え性 >

頭痛

頭痛症状は、大きく分けて一次性頭痛、二次性頭痛に分けられます。頭痛の80%が一次性頭痛になりますが、二次性との鑑別をしっかりしないと生命に関わる症状となります。
自分の頭痛がどのような種類によるものか?しっかりと鑑別する必要性があります。

こんな症状に心当たりありませんか?

  • 病院での検査は異常なし でもズキズキ痛む
  • 月に2~3回頭痛がある
  • 目の奥が押されるような痛みがある
  • 絞めつけられるように痛む
  • 頭痛薬で症状は改善するけど、長期の服用が心配
  • 頭のもやもやと肩こりがセット

一次性頭痛

一次性頭痛とは、頭痛を引き起こす原因となる病気が無いものを指します。頭痛の80%を占め、片頭痛、緊張型頭痛、群発性頭痛などが挙げられます。当院での対象となる頭痛は一次性頭痛になります。

  • ハンマーで殴られたような痛み
  • 人生でもっとも痛い
  • ろれつが回らない
  • 手や足に力が入らない
  • 痛くて目が覚める
  • 発熱、首周りの硬直を伴う
  • 50歳以降に初めて頭痛を経験した

二次性頭痛

主にくも膜下出血、脳出血、脳腫瘍、慢性硬膜下血種、髄膜炎などの原因となる疾患があり、二次的に起こる頭痛になります。 上記のような症状ををお持ちのかたは、MRI検査、CT検査などの脳の検査をする必要があります。

一次性頭痛の例

頭痛(片頭痛型血管性頭痛)

病態

頭蓋外血管の拡張により頭痛が生じます。

痛みの特徴

多くは片側性、疲労、ストレスなどから症状がでやすく、痛む前の症状として閃輝暗点(目がチカチカ)

緊張型頭痛(筋収縮性頭痛)

病態

頭蓋部、首まわりの筋肉の緊張により頭痛が生じます。

痛みの特徴

持続性の慢性頭痛。しめつけられるような痛み、頭重感を訴える、首肩こりを伴うことが多い。

群発頭痛

病態

原因不明の毎日続く頭痛

痛みの特徴

目の奥がえぐられるような頭痛。痛くて我慢していられない。ほとんど同じ時刻に症状が出る。涙目、充血、自律神経症状を伴う。男性に多い。

当院における頭痛の治療

頭痛をお持ちの方の多くは、自律神経の乱れがあります。自律神経系の交感神経優位の状態が長く続き、末梢血管収縮による筋肉の硬化、体液循環不良により、症状が出るケースがほとんどになります。

当院では、首、肩周りの緊張を緩めることや、副交感神経(からだがリラックスするための神経)の活動を高めるために後頭骨、仙骨などのゆがみや硬直をチェックしていきます。

頭痛薬の依存 ~副作用と注意点~

頭痛薬や鎮痛剤の副作用として代表的なものは、胃腸障害、腎障害になります。痛みの元と言われるプロスタグランジンの生成を抑えることで鎮痛システムを抑制することができますが、同時に胃粘膜の分泌も減少してしまいます。長期の服用は必ず内蔵に負担をかけます。正しい服用の仕方を薬剤師などからアドバイスを頂くようにしましょう。

頭痛薬との生活に"さよなら"しませんか・・・?

頭痛薬の服用回数が少なくなった」
頭痛で寝込むことがなくなった」
「目の奥を突き刺す痛みもなくなった」

からだが変わらないと行動も変わらず結果も変わりません。 からだは気づきがないと変わりません。 深い気付きがあるとからだが変わります。 からだが変わると行動が変わります。 行動が変わると結果が変わります。 つまり深い気付きが未来を変えるということです。 からだが変われば、笑顔が増えます。あなたの健康を一緒に守っていきましょう。


< 膝痛  |  一覧へ戻る  |  冷え性 >

このページのトップへ