HOME > 症状別お悩み相談 > 側湾症

症状別お悩み相談

< 子供姿勢矯正  |  一覧へ戻る

側湾症

子どもの伸びしろ

背骨の「しなやかさ」で決まる⁉

 

子どもの姿勢が気になる

保健診断で側湾症の疑いがあると診断された

肩甲骨の凹凸が気になる

装具療法を行っているが進行している

将来、子どものプロポーションが気になる

歩き方が変な気がする


そもそも側湾症って・・・・

症状

「側弯症(そくわんしょう)」とは背骨が左右に弯曲した状態で、背骨自体のねじれを伴うことがあります。通常、小児期にみられる脊柱変形を指します。

左右の肩の高さの違い、肩甲骨の突出、腰の高さの非対称、胸郭(きょうかく)の変形、肋骨や腰部の隆起(前かがみをした姿勢で後ろから背中をみた場合)、などの変形を生じます。

側弯が進行すると、腰背部痛や心肺機能の低下をきたすことがあります。(日本整形外科学会より引用文献)

原因と病態

日本での発生頻度は1~2%程度で、女子に多くみられます。 原因不明の側弯を特発性側弯症といい、全側弯症の60~70%を占めます。

そのほか、脊柱の先天的な異常による側弯を先天性側弯症、神経や筋の異常による側弯を症候性側弯症といいます。(日本整形外科学会より引用文献)

診断

診察では、子供に前かがみの姿勢をとらせて後ろから脊柱を観察します。

症候性側弯症の鑑別には、神経学的検査やMRI検査が有効です。短期間で側弯が悪化してくる場合には、注意深く年に数回の診察が必要になります。

脊柱全体(立位)のX線(レントゲン)写真から側弯の程度を角度で表しますが、脊椎骨(せきついこつ)や肋骨に異常がないかも同時に調べます。(日本整形外科学会より引用文献)

子どもが側湾症の疑いがある
と思われたら・・・

まずは、病院でのレントゲン診断が必要です。

10°~25°の場合 経過観察

25°~45°の場合 装具療法 と 経過観察

45°以上 手術療法を検討

となります。


< 子供姿勢矯正  |  一覧へ戻る

このページのトップへ