HOME > 症状別お悩み相談 > 五十肩・四十肩

症状別お悩み相談

< 脊柱管狭窄症  |  一覧へ戻る  |  オスグッド(オスグット・シュラッター病) >

五十肩・四十肩

こんなお悩みありませんか?

ブロック注射を受けたけど、すぐにつらくなる

整骨院に何か月も通ったけど、改善しなかった
夜中の痛みがつらく、熟睡できない
突然、肩にピキッと痛みが走る
髪の毛洗うときに肩が痛む
 

 

長引く痛みやしびれをトリガーポイント鍼灸
解決しませんか

当院では、五十肩・四十肩による痛みの箇所だけでなく、筋膜のバランスを調整することで、
早期改善を図る期待ができます。


あかぬま鍼灸治療院だからできる
筋膜の professional によるアプローチ

特徴1 トリガーポイント鍼治療

当院で行うトリガーポイント鍼療法は、患者様の筋・筋膜に存在する過敏化されている筋(トリガーポイント)にはり、 マッサージ、マッサージツールで刺激を加え、筋・筋膜に存在する受容器の感作(かんさ)を脱感作(だつかんさ)することを 目的としています。脱感作とは、過敏化している筋の受容器を正常な状態に戻し、 血流改善や神経伝達系の確保を図ることを意味します。筋肉等の深部組織は痛みを感じるセンサーが少ないことから、 脳が真の痛みの箇所を誤認する事が多数あります。そのため、日常動作で痛みを感じる動きや姿勢、反復動作などを細かく分析し、効果的な刺激を加えていきます。

当院のトリガーポイント鍼療法のイメージ
当店
他店

Stage1:筋硬結

日常生活による反復動作や同じ姿勢によりできた筋肉のこりほとんど休息により回復する

Stage2:トリガーポイント

Stage1:では回復できない筋肉の持続的な緊張。安静時では、症状は出ないが動作や持続な圧迫で痛みを感じる。筋肉にマッサージや鍼刺激が加わると、「イタ気持ちいい」「ズーンとする」などの特有の認知覚あり。

Stage3:活動トリガーポイント

痛みの発生源となるポイント。過敏化することで、痛み、しびれ、知覚鈍麻、冷感などを生じる。慢性的な苦痛を生じる。

特に五十肩による痛みは、表層部よりも深部にある筋膜や腱、靭帯などに存在する受容器が発痛するので、 本人が「このあたり!」と思っていても、本当に痛みを発しているところは深部にあるケースがほとんどになります。当院では、痛みの根源と言われる活動トリガーポイントに効果的な刺激を加え、症状改善を図ります。

肩のインナーマッスルが原因?

肩関節は、人体でも特に可動域広く、多方向に動かすことができる関節です。
しかしながら、関節自体の安定性は少なく、ほとんどが肩周辺の筋肉により安定性が
保たれているのも特徴です。特にインナーマッスルすると呼ばれる回旋筋腱板(ローテーターカフ)棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の役割が非常に重要です。

五十肩、四十肩では、回旋筋腱板(ローテーターカフ)の筋膜バランスが乱れることで、関節可動域に制限が生じたり、加齢により腱や靭帯などが変性し、疼痛などをきたします。

五十肩・四十肩の3大ポイント

肩甲骨×股関節×筋膜

「肩関節に負担をかけないカラダ」

四十肩・五十肩と診断された患者様の多くに共通する特徴があります。
まず1つが「肩甲骨」です。

長年、生活習慣や疲労など負担がかかりやすい部分とそうでない部分が肩甲骨の筋肉に負荷をかけます。肩の動きは肩甲骨との協調性の中、初めてのダイナミックな動きが行われます。
肩甲骨の筋膜リリースを行うことで、筋膜の動きを再教育し、本来の正しいポジショニングに導きます。

2つ目が「股関節」です。

肩関節の痛みであるのに、どうして「股関節」の調整が必要であるのか・・・

と考えてしまう方もいらっしゃると存じます。

股関節は、あらゆる動作で運動軸になります。肩を挙げる動作においても、骨盤や背骨の安定性があって動きの補正がなされます。五十肩の患者様は、股関節の柔軟性が低下し、肩関節に負担をかけます。

3つ目が「筋膜」です。

筋膜は人間の身体を包み込む膜で、筋膜の一つ「深筋膜」は、つま先から頭のてっぺんまで覆っていることから「全身のボディスーツ」と呼ばれています。タイツのように適度に柔らかく伸縮性があり、この柔軟性がとても大切です。実はこの筋膜は、「第二の骨格」として重要視されています。
また、筋膜は複数存在し、身体の浅い場所から深い場所まで、骨や内臓、血管、神経など体内の全てを細かく包み込み、支え、連動して動けるように身体を組織立ててくれています。


筋膜のゆがみを整えることで、
左右差アンバランスや骨格・骨盤・背骨の
ゆがみとねじれを改善させます。

当院では、患者様一人一人のゆがみや
股関節調整、トリガーポイント鍼灸で、

肩関節に負担をかけないカラダ」を
取り戻します。


当院で施術を受けられた患者様は、こんなふうに元気な生活を手に入れています。

痛み止めを服用しないと、眠れなかったが眠れるようになった
ゴルフのスイングもできるようになった
髪の毛を洗う際も痛みがでない
寝返る際に、いつも痛みで目を覚ましていたが、今はぐっすり眠ることができる

五十肩、四十肩の症状は早期に調整することで、可動域の拡大が期待できます。長年、放置されたケースでは痛みは改善できたが、肩の動きが制限される傾向があります。
私も原因をしっかりと見定めて、あなたが自分の力で改善できるように全力でサポートさせていただきます。


< 脊柱管狭窄症  |  一覧へ戻る  |  オスグッド(オスグット・シュラッター病) >

このページのトップへ